忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サリナスは、街の住人であれば誰もが自由に剣術を学べる修練所に通うようになった。

本人の熱心さと、元来才能の芽があったことも手伝って、数年経った頃にはサリナスの腕前は修練所の少年達の中でも一、二を争うまでに上達した。その頃には短剣ではなく一般的な長剣も扱えるようになり、父親は息子のために何度か剣を打ってやった。
そして、弟のサーレスまでもが兄と同じような短剣を父にねだり始めた頃には、父親の顔には半分諦めたような表情が浮かぶようになった。


サリナスが13歳になった頃のこと。
いつものようにサリナスは修練所で友人相手に剣を交わし、その隣ではサーレスが見よう見真似で兄と同じ動きを辿っていた。

一人の老人が修練所に姿を現わした。

老人は古びたマントを羽織り、髪や髭こそは白く枯れていたが堂々とした体格を持ち、マントの合わせ目から使い込まれた剣の柄が見え隠れしていた。

修練所の長は、最初のうちは老人を胡散臭い目つきで見ていたが、老人の胸元にある紫貝に気づいた途端、目を見張り、急いで老人に近寄った。
二人は二言、三言言葉を交わしていたが、やがて長は子供たちを振り返ると、幾分興奮した声でその日の修練を打ち切りにした。

「なあ、あのじいさん、魔道騎士だぜ」 友人の一人がサリナスをつついて耳打ちした。
「すごいな。俺、初めて本物の紫貝を見たよ」

しかし、剣術以外には興味がなかったサリナスは、魔道騎士の来訪に対して友人のような感慨は何も持てず、逆に老人のせいで修練が中止になったことに不満さえ覚えた。

「あんな年寄りじゃ」 サリナスは口を尖らせた。「うまく剣を扱えるもんか」

弟のサーレスが、魔道騎士って何、と兄に問うたが、サーレスはそれを無視した。


老人はダレックに滞在することになり、その後も何度か修練所に姿を現わすようになった。
時には少年たちと剣を交えることもあった。

老いているとはいえ老人の剣技は鋭く、それを見たサリナスはすぐに自分の子供じみた偏見を反省し、好んで老人の相手を申し出るようになった。
実際、老人に太刀打ちできるのは同じ年頃の少年達の中ではサリナスだけだった。
それでも十回のうち一回ですら勝てたことはなかったが。

 
サリナスの腕前には老人も興味を抱いたようだった。
教え、教えられる間柄となってからしばらく経ったあるとき、老人はサリナスに尋ねた。

「魔道騎士になりたいとは思わんか?」

サリナスはきっぱり、ない、と答え、老人は残念そうな表情を浮かべながらも、ふむ、と言ったきりで、それ以上には話を掘り下げようとしなかった。



          → 次へ

PR

内陸の小国ダレック。
鉱石の産地として知られ、採掘された鉱石の加工技術においても高い評価を得ている国である。

そしてまた、魔道騎士サリナスの生まれ故郷でもあった。


サリナスの実家は、ダレックに数ある中でも特に腕の良さを認められていた鍛冶屋だった。
祖父の代に培われた評判は、今はそのままサリナスの父が受け継ぎ、自分と妻、そして二人の息子達を食べさせていくには充分な糧を得て日々暮らしていた。

サリナスの父は多くを語らぬ職人気質の男だった。
いつも気難しい顔をして火の前に陣取り、火花をものともせずに槌を振って刃を鍛えている父の姿を、幼いサリナスは怖いと思うと同時に何か特別な存在に思え、大きな金槌は父以外の人間が触れることを許されない神聖な道具のように感じていた。

鍛冶場は子供にとって決して安全な場所ではなかったが、サリナスが父の隣でその作業を見守ったり、周りに置いてある大きなふいごや鉄ばさみを持ち上げようとしたり、壁に立てかけられた剣や槍に恐る恐る触れようとするのを止めようとはしなかった。
ただ、火花が飛び散る鉄床の近くには決して近寄せなかったが。

年の近い友達と一緒に遊ぶとき以外はこのように鍛冶場を遊び場としていたサリナスは、次第に父の槌の振るい方によってどのくらいの厚さの剣ができるのか、どのくらいの火の強さならどんなものが鍛えられるのか、やがては父親が槌を二、三回振り始めただけで、赤く燃えた金属の塊から何を造り出そうとしているのかを自ずと知るようになった。

また、常日頃から父の造る上質な物に囲まれていることにより、剣や刃の良し悪しすら曖昧ではあるが見極められるようにもなった。

「この子はいい跡継ぎになる」

近所の住人達をはじめ、武器を注文に訪れる客や同業者達は、そんなサリナスの様子を目にするといつもそう言うのだった。
父親はその賛辞に対して特に何も答えないが、心のうちでは同様の思いを抱いていた。

だが、余りにも良いものばかりを見過ぎたせいで物足りなくなったのか、それとも年頃ゆえの腕白さからか、あるときからサリナスは剣を鍛えることよりも振るう方により大きな興味を抱き始めた。

サリナスには四歳下のサーレスという弟がいたが、サーレスが物心ついて外を走り回ることができるくらいになると、二人の兄弟は互いに木の枝で仕合の真似事を行うようになった。時には行き過ぎて擦り傷などを作り、母親に小言をもらうこともあった。


本格的に剣を学びたい、と言い出した息子に、父親はしばらく黙っていたが、やがて尋ねた。

「剣を使って何をするつもりだ」

サリナスはしばらく考えた後、わるいやつをやっつける、と子供にはありがちな幼い答えを返した。
さらに父は問う。

「それは、殺すということか」

今度の問いは、サリナスを長い間黙らせた。

ごく平凡な一少年に過ぎないサリナスの日常の中で、「殺す」「殺される」 という言葉ほど実感を伴わないものはなかった。
うつむいたままのサリナスに、父親はそれ以上何も言わず、その日の会話は終わった。

翌日、朝食を終えたばかりのサリナスのところへ父親がやってきて、一本の短剣を渡した。

「まあ、守るための武器もあるさ」

それは子供に使える寸法に造られてはいるが、見る者が見れば剣身のこしらえといい、柄の装飾といい、大の大人が手にしても遜色ないものであった。



          → 次 へ

小説「水晶異聞」について、本筋とは異なるエピソード的なものを
外伝として載せることにしました。

外伝は本筋を書いている途中に生まれたものですが
ちょっとしたエピソードの割には長い話になってしまいまして
読んでるうちに本筋が忘れられるのではないかと思い
仕方なくカットした部分です。

「水晶」のウラ話的な感じで読んでいただければ、と思います。
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]