忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「それに、ハコムラのことだけじゃない」 J が新しい煙草に手を伸ばす。
「ほら、今日尾けてきた連中。あいつらのことも気になるんだ」

「……ああ、それもあったな、そう言えば」

J に言われて、今日の一連の騒動の発端となった事件、
一部の警察関係者は NO の指示の元、今この瞬間も夜のダウンタウンを駆け巡っている、
その原因となった事件のことを、諛左はようやく思い出す。

「連中の正体は判らないんだろう?」

「ハッキリとはね。でも、たぶんハコムラ本社を出た後から尾けられてたんだと思う」

「なんだ、じゃあ結局、それもハコムラ絡みか」

「だから、ハッキリしないんだってば。
とにかく、それをあーちゃんに調べてもらおうと思ってさ。
あーちゃんは奴等の顔も見てるし、たぶん、すぐにアタリをつけてくれると思うんだ」

「話を聞いてる限りでは、調べなきゃならないほど大した連中でもなさそうだがな。
……ま、いいんじゃないか。それより、明日の件だが」

「明日ぁ?」

今日だけでも色々な出来事が起こったというのに、
この上、夜が明ければまだ何か待っているのか、と言いたげな J の視線に、
呆れた、というよりも、ウンザリ気味の表情を諛左は返した。

「もう忘れてるのか。狭間との会見があるだろうが」

「おーっと……すっかり忘れてた」

「そういうヤツだよ、お前は」

「まあ、そう言うな。で、何時だっけ」

「1時」 悪びれもせずに答える J に、今度はため息交じりの諛左である。
「だが、どっちにしろ、明日は俺一人で行く。お前は連れて行けないな」

「え、なんで。ウワサの狭間の顔を見てやりたかったのに」

J の問いに答える代わりに、諛左は J の頭の包帯に目をやった。
その視線の意味に気づいた J が、少しだけバツが悪そうに包帯の上から頭を掻く。

「……これか」

「そうだ」 諛左の声は厳しい。
「天下のハコムラ様に、真昼間から
『昨夜ちょっとケンカしました』 っていうツラの人間を連れて行けるか。
入り口で止められるに決まってる」

「そんなにヒドイ顔かな……」

「いつもよりはマシな方だが、
毎日会社のデスクで真面目に仕事をしている青白い人種から見れば
つい敬遠したくなるようなツラ構えだ」

容赦なくそんな事を言う諛左に、むっつりとした表情の J が反論すべきか迷っていると、
タイミングよく、隣室へのドアにノックの音が響いた。

「何、話してるのぉ?」 と、顔を覗かせたのは、あーちゃんである。
「2人して客を放ったらかしにしてたら、イカンじゃないの」

どうやら、さすがのあーちゃんも阿南との話題が尽きたようで、
今度は、密やかに隣の部屋で交わされている諛左と J の会話に興味を持ったらしい。
探るような光を青い目に浮かべて2人を交互に見比べている。
その背後から、阿南がソファに座ったまま、同じように視線を向けていた。

一瞬、J と諛左は顔を見合わせた。

さて。
この賑やかしい男と、背後で黙々とコーヒーをすすっているカタブツな男に、
何と言って話を切り出すか。
軽い鬱気を感じながら、J はゆっくりと立ち上がって隣室へと向かった。
後に諛左が続く。


しかし、いつも仕事の度に味わってきた、馴染み深い倦怠感に包まれながらも、
J の心の中では、憂鬱とは別の感覚が芽生えようとしていた。
それは例えて言うなら、少しずつエンジンが温まっていくような、
目的に向かって走り出す準備に入ったような、そんな前向きな感覚だった。

諛左と話して少しばかり気が楽になった、ということもあるが、
スロー・スターターであることを自負している J が 生来の慎重さを経て、ようやく、
厄介で面倒な今回の一件と向かい合う心づもり (あるいは 『開き直り』) を整えた……
この時が、まさにその瞬間だったのかもしれない。

依頼を受けて、まだ3日。
その間に起こった様々な出来事を思えば、この先どんな状況が待っているのか、
どこまで複雑に物事が絡み合っていくのか、当事者の J にすら予測がつかない。
だが今の J の心境は、『なるようになれ』。それだけだった。
今後どんなシビアな展開になろうとも、その一言ですべて受け流す。
受け止める、のではない。受け流す、のだ。
『覚悟』 というには、やや気迫が足りない心情ではあるが、ともかく J は唐突にそう決心した。

「あーちゃん、ちょっとオモシロい話があるんだけど」

ドアのところに立ったままのあーちゃんの肩を、すれ違いざまに軽く叩き、
そう言った J の言葉には、どこか吹っ切れたような様子があった。
J の心境の微妙な変化を未だ知らない諛左は、
それを耳にして、意外そうに眉を上げただけだった……。

 


-ACT 7-  END


→ ACT 8-1 へ

PR

再び、軽い沈黙が場を支配する。
壁越しに聞こえてくる、あーちゃんと阿南の声からすると、
2人の会話は相変わらず続いているようだ。

主に話題を提供しているのは、あーちゃんの方だろうが、
それにしても、初対面の人間を相手に、
よくもまあ、そんなに話すネタがあるものだ、と J は感心する。
それがあーちゃんの才能だ、とは先程の諛左の言葉だが、
情報屋として、他人から情報を引き出すための手段だとしたら、
才能と言うよりは、技能に近いのかもしれない。
まあ、どちらでもいいことだが。

甲高いあーちゃんの声に、聞くともなしに耳を傾けていた J は、
ふと、あることを思いつき、再び諛左に話しかける。

「ねえ、諛左。どうせ阿南を引き込むんだったらさ……
ついでに、あーちゃんの手も借りようぜ」

「アーサーの?」 思わぬ提案に、今度は諛左の方が眉をひそめる。
「何でまた」

「あーちゃんだったら、センタリアンの情報屋にも顔が利くし、
メディアに載らないハコムラの噂や内緒話が手に入るかもしれないだろう?」

「アナムと鳥飼だけでは、足りないと?」

「方やボディガード。
もう片方は、役立たずで胡散臭い、ハコムラ総帥夫人の義理の叔父。
どちらも、ハコムラのすべてを把握しているわけじゃないから、
そんな簡単に有益な情報が手に入るとは思えない。それに……」

那音も阿南も、いわばハコムラの関係者である。
2人から得る情報には、内部の人間ならではの私情が多少なりとも含まれるだろう。
特に、憶測と偏見と邪推に満ちた那音の意見は、尚のことである。
更に言うなら、どちらも麻与香が後ろで糸を引いている可能性がある。
役立つ情報が得られるかどうかは怪しいものだ。

その点、『情報屋』 ならば、客観的に見た上で不審な動きを嗅ぎ分け、
『いわくありげな』 情報だけを洗い出してくれる。
第三者の視点というのは、なかなか侮れないものだ。
それを商売にしているのだから、信憑性も高い。

だが、諛左は余り気が乗らない様子だ。

「アーサーねえ……」

と言ったきり、少し考え込むような表情を見せる。

『情報屋』 としてのあーちゃんの腕前に、
諛左が少しばかり懐疑的であることは J も知っている。
今までに何度となく J 達の手助けをしてきたあーちゃんである。
その仕事ぶりに、J 自身、特に不平はないのだが、
やや完璧主義のきらいがある諛左から見れば、今ひとつ物足りなさを覚えているらしい。

しかし J としては、持ち駒は揃えられるだけ揃えておきたい、というのが本音だ。

「どっちみち、今回のヤマは、
お前とアタシだけで片付けるには、ちょっとスケールがデカすぎる。
使えそうなモンを放っておく手はないでしょ」

「本当に使えるのかね」 と、まだ諛左は疑わしげだ。

「それは、使ってみないと判らない」

「ないよりマシ、ってところか」

そう言ってため息をつく諛左には答えず、J は、ただ笑った。

今の諛左の言葉を聞いたら、あーちゃんは怒るだろうか。
いや、多分 『そんなツレないこと、言うなよん』 と笑っているだけだろう。
あーちゃんは寛容な男だ。
数年前から始まった J とあーちゃんとの付き合いが未だに色褪せていないのは、
仕事の能力だけではなく、そんな寛容さに J が惹かれているせいもあるのだ。



→ ACT 7-18 (完) へ

「とりあえず、阿南には 『勝手にガードしろ』 と言っておいたけど」 と、J は諛左を見た。
「別に問題ないだろう?
図体がデカくて、ジャマっちゃあジャマだけど、風除けぐらいにはなりそうだ」

「アナムが納得していて、お前もそれでいいなら、俺は構わんさ」 諛左が肩をすくめる。

「納得してるかどうかはアヤシイな。アイツ、結構アタマ固そうだゾ」

「マセナリィ時代もそうだった。多少、融通が利かないところはある。
だが、それでも手は抜かない。そういう男だ。
ま、俺としては、アナムがいて、それでお前のナマ傷が減るのであれば……」

と、諛左が J の頭に巻かれた包帯を軽く小突く。

「俺の心労も少しは減るだろうし、助かると言えば、助かる」

何が 『心労』 だ。
口で言うほど心配もしてないくせに、と J が小声で呟いたが、
かろうじて耳に届いたその言葉を、諛左は無視して続けた。

「それに、聖の側近くにいたのなら、失踪当時のこともよく知っているんじゃないか?
少なくとも、鳥飼那音よりはマシな情報源になりそうだ」

「それは、どうかな」 と、疑わしげな J の表情。

阿南は、今の聖がニセモノだということを知らないらしい。
こちらがヘタにあれこれ尋ねれば、
あの頭の固い男のことだ、アイスブルーの目を冷たく光らせて、
『何故、そんなことを聞く?』 と、逆に問い返してきそうな気もする。
コトがコトだけに 『実は……』 と、軽々しく打ち明けられる内容でもない。

「こっちが幾ら隠しててもさ、そのうち阿南も勘付くかもしれないじゃん。
それは、ちょっとマズいんじゃないか、と思うんだけど」

だが、諛左は小馬鹿にするように鼻で笑い、「何がマズいって?」 と事も無げに言い返す。

「マズいというのは、笥村麻与香への断りもなしに、アナムを巻き込むことが、か?
それは、あの女に気を遣ってるのか? それとも、遠慮か?
どちらにしても、お前らしくない気配りだな」

「……気配りできる程、デキた人間じゃないのは認めるけどね、でも」

「アナムが知らないんなら、こちらから教えてやればいいさ」

J の言葉を遮り、あっさりと言ってのける諛左に、J の目が丸くなる。

「え? 何を?」

「だから、本当のことを教えてやれって」

「……」

おやまあ、どうしたことか。
幾分 J は呆れ顔で諛左を見た。
らしくない、というなら、これこそいつもの諛左らしくない言葉だ。
常日頃、守秘義務がどうのこうのと口煩いことを言って
J を辟易させるのが諛左の役回りである筈なのに、今回は風向きが違うらしい。

「どうせ、これからアイツはお前を四六時中ガードすることになるんだろう?
事実を伏せたままでいられるわけがない。お前の言う通り、いずれバレるさ。
だったら、バレる前にバラして、こちらに引き入れてしまえばいい」

第一その方が気が楽だろう、というのが諛左の言い分である。

「それは……まあ、そうだけど」 と、渋々ながら認める J。

「アナムは口が堅いし、他に漏れることはない。
それに、バラしたところで笥村麻与香も文句は言わないさ。
お前だって、あの女の筋書き通りにコトが運ぶばかりじゃ、つまらないだろう?」

それは、どうだろうか。
J は浮かない顔で考える。
麻与香の予定表には、阿南のことも含めて今までの自分達の行動すべてが、
綿密に書き込まれているような気がしてならない。
この先、何が起こるか、も。

J がそう言うと、諛左は呆れたように、

「いい加減にしろ。お前は、笥村麻与香を意識し過ぎなんだよ。
警戒も度が過ぎると、そのうち自分の影まで怪しく見えてくるぞ」

「ふん」

何と言われようと、およそ10年前の出会いから今までずっと、
J の中には笥村麻与香への不審が根付いてしまっているのだ。
今さらそれを無視できるわけもない。



→ ACT 7-17 へ

それにしても。
どこを探っても、誰を疑っても、
結局、行き着く先に麻与香の影がちらついて見えるのは、どういう訳だろうか。
麻与香に対して J が悪意を抱いているから……?
いや、そんな単純な理由のせいだけではないだろう。

考えてみれば。
J は隣室への扉に目をやり、
その向こうにいるアイス・ブルーの瞳を持つ男の姿を思い浮かべる。
あの男……阿南をこちらに送り込んできたのも、他ならぬ、麻与香だ。

「諛左」 しばしの沈黙の後、J が口を開く。
「阿南がハコムラでボディガードの仕事をしてるって、お前知ってた?」

「いや……そうなのか?」

と J に向けられた諛左の顔には、軽い驚きが浮き上がっている。
本当に意外そうだった。
阿南がその後の諛左の動向、つまり、
マセナリィから、しがない 『何でも屋』 へ転身していた事実を知らずにいたのと同様に、
諛左も、かつての旧友が現在どのような境遇にあるのか、知る術がなかったようだ。

「アナムが、ボディガード……ふうん、成程ね」

腕を組んで壁にもたれながら、考え深げに諛左が呟く。

「足を洗っていたとは知らなかった。
アイツがマセナリィ以外の道を選ぶなんて、昔は想像できなかったが……。
これも、時勢ってやつか」

少し目を伏せてそう言った諛左の表情は、どこか複雑だ。
そんな顔つきを見せるのも、この男にしては珍しい。
旧友の境遇を思うことで、自らの過去についても、ふと顧みたのかもしれない。

物珍しげに自分を見つめる J の視線に気づき、諛左が表情を改める。

「まあ、ハコムラなら……。
『第二の人生』 としては、最高の雇い主を見つけた、と言えるんじゃないか?」

最高……なんだろうか。
と、J の心中は皮肉めいている。
元々、ハコムラ嫌いの J ではあるが、それを差し置いてみても、
先刻、言葉を交わした時の阿南の様子を思い返せば、
自らの雇い主に関して阿南が諛左と同意見であるかどうかは疑わしい。

「ま、本人が満足しているかどうかは、ともかく」 J は言葉を継いだ。
「今は屋敷の警護をしているけど、以前は笥村聖直属のガーディアンだったらしい」

「それは大したもんだな。だが、その大した男が、何故、今ここにいる?」

諛左からの三つ目の質問に対して、答えを口にするよりも先に J は表情を曇らせる。
やがて、ため息とともに、

「……麻与香に言われたんだとさ」

「なんて」

「危ない目に遭わないように、あたしをガードしろって。……どう思う?」

「親切だな」

「……」

「冗談だ」 J に睨まれ、諛左は肩をすくめる。
「つまり、こういうことか。
笥村麻与香が依頼した件にお前が関わっていくうちに、
否が応でも護衛が必要な状況が起こり得る……
それを見越した上で、お前を助けるために阿南を寄こした、と」

さすがに諛左は飲み込みが早い。

「……まあ、そゆコト」

「やっぱり、親切だな………判った、判ったから、そう睨むなよ」

「これが 『親切』 だって言うんなら、
世の中にあるすべての 『親切』 なんて、あたしは一切信じないぞ」

「そう言うな」

むっとする J の表情に対して、諛左のそれは、どこか面白がっているように見える。

「相手は笥村麻与香だ。ただの 『親切心』 だけが理由でもないだろうさ。
むしろ、お前の行動を 『監視』 したいっていうのが本音じゃないのか?」

それはそれで、ますます面白くない。
J の表情が、さらに不機嫌の相を帯びる。



→ ACT 7-16 へ

「それで、鳥飼那音はなんて言ってきたんだ?」

J の話が一段落したことを見て取り、
待ち構えていた諛左の質疑が、さっそく始まったようだ。

「『手を組みたい』 ってのは、どういう意味だ?
今回の件に関してか? それとも別件か?
そもそも、あの男は何か知っているのか? もし、そうなら……」

「質問は一つずつお願いします」

「……まず、一つめ。
鳥飼那音は、聖が行方不明だということを知っているのか?」

「うーん、実は、その辺りはよく判らない」 正直に J が答える。
「ただ、本物の聖は失踪していて、今の笥村聖はニセモノだってことは知っていた。
麻与香から聞いたのかもしれない」

答えながら、さも意味ありげに話を持ちかけてきた那音の不精な髭面を思い出し、
J は不愉快そうに眉をひそめた。
たとえ目の前にいなくても、
記憶に浮かぶだけで人をイライラさせる顔というのは、確かにあるものだ。

諛左の視線に促され、J は先を続ける。

「でも、失踪の理由については、こちら同様、知らないみたいだったし、
那音の方でも、それをアイツなりに探ってるように見えた。
『手を組みたい』 っていうのは、『それを手伝え』 ってコトなんだろうな……」

そう前置きして、J はハコムラの本社で那音から聞き出した話を
かいつまんで諛左に話して聞かせた。

つまり。

ハコムラの系列会社、ハコムラ・ケミカル・アンド・サイエンス、通称 C&S。
その C&S の管理責任者でもある狭間が、
売上を不正に誤魔化して、極秘の研究を行っているという。
笥村聖は、その不正の調査に乗り出したのと時期を同じくして、行方をくらませた。
さらに、狭間の背後には、麻与香の影があり……。

「……成程ね」

記憶を辿りながらの、あまり流暢とはいえない J の説明であったが、
辛抱強く聞き終えた諛左は、その言わんとするところを大体把握したようだ。

「たった1日で、ハコムラが極秘にしている内部事情が判るなら、
あんな男でも知り合いになっておいて損はないかもしれないな」

「本気かよ」

「まあ、その情報が全て事実なら……の話だが」

「どうだかねえ。事実かといわれると、それはアヤシイと思う。
全てがデマかもしれない」

「あるいは、罠かもしれない」

「罠?」 J が諛左を見上げる。「つまり、ミス・リードを誘っている、と?」

「まあな。罠、というのは言い過ぎにしても、
客観的に聞いてる限りでは、引っ掛け問題のようにも思える」

その点については、J も同意見だった。
答えはここにある、と錯覚させておいて、実は、本当の解答は、さらにその奥底にある。
そんな姑息さが、那音の話の中には見え隠れする。

「じゃあ、二つめの質問だが」 諛左が煙草を灰皿でもみ消す。
「お前はどうするつもりなんだ? あの男が差し出した手を、取るつもりか?」

「勿論、ガッツリ手を組むつもりはない」 J がうっすらと笑って答える。
「第一、笥村聖の行方不明について、那音がさほど関心を持っているとは思えない。
たぶん、アイツが本当に知りたいのは、麻与香が陰でコソコソやってる 『何か』 だ。
ミス・リーディングだとしたら、その 『何か』 をこっちに調べさせようってのが目的だろうな」

「社内ですら極秘事項になっている、例の研究とやらか」

「そう。でも、こっちがやらなきゃいけないのは……」

「聖の捜索」

「そゆこと。那音の思惑に乗っかる余裕はないし、余裕があっても乗りたくない。
ま、せいぜいハコムラ関連の情報源として使う程度かな」

「だが、もしかしたら……」 と、思案顔の諛左。
「鳥飼那音の背後にも、笥村麻与香が控えている、というのも、あり得る。
あまり信用し過ぎない程度に付き合うのがベストだな」

確かに、その可能性については J も考えなかったわけではない。
狭間の背後に麻与香がいる。
そう語ったのは那音だが、他ならぬ那音自身が、麻与香の傀儡であるとしたら、
この男から得た情報は、全て麻与香が仕組んだ作り話かもしれず、
信憑性が一切なくなってしまう。

それこそ、『罠』 だ。



→ ACT 7-15 へ

しかし、1人きりになった J が、次の煙草に火をつけて、
長く、深いため息とともに煙を吐き出すよりも早く、諛左が隣室から後を追うように姿を見せた。
阿南と話していた時の穏やかさは既に諛左の表情から消えている。
そこにあるのは、物言いたげな色を浮かべた黒い瞳と、J がよく知っている仏頂面だった。

「なんだよ、諛左。古いオトモダチを放っといていいのか?」

「構わんだろう。アーサーが相手をしている。
あいつのアレは、一つの才能だな。
さっき初めて会った相手なのに、10分も経たないうちに、まるで旧知の仲だ」

と、諛左が指し示した扉の向こうから、
あーちゃんの 『ぎゃはははは』 という笑い声が響いてくる。
その合間に、ぼそりと響く低い声は、阿南のものだろう。

「……一人、盛り上がってんな」

さすがに呆れ顔でそう呟いただけで、J は口を閉ざす。

しばらくの間、言葉が途切れた。
2人とも黙ったままで煙草をくゆらせながら、
ただ隣の部屋から届く声に耳を傾けている。

ああ、まただ。
諛左と2人でいる時に、時折、理由もなくふと訪れる、この無言の間。
この沈黙が J は苦手だった。
どちらも言いたいことがありながら、相手が先に話し出すのを待っている。
タイミングを計っているうちに、気まずさが入り混じる、そんな駆け引きめいた沈黙。

大抵の場合、最初に諛左が沈黙を破る。
今もまた、

「……で?」

と、切り出したのは諛左の方だった。

「いろいろ聞きたいことが山積みだが……まず何から話してくれるんだ?」

「ん……そうねぇ」

途切れた言葉が戻ってきたことで少しばかりホッとした J は、
軽く目を閉じ、今日起こったことを頭の中であれこれと思い出す。
口調が重いのは、やはり疲労のせいで思考回路がうまくつながらないせいだ。

「順に言うと、だねぇ……」 遅いペースで J が話し出す。
「まず、街中をブラついていたら、鳥飼那音に会って……」

「鳥飼那音?」

思いがけない名に、諛左の眉根がぴくりと動く。

「それはイキナリだな。偶然か?」

「さあ、どうだろう。どっちかっつうと、向こうが待ち構えていた感じがする」

「ふん……で? それから?」

諛左が先を促す。

「それから……那音に連れられて、HBC に行くハメになって……」

「HBC ?」 と、再度、諛左が話を止める。「ハコムラ・ビジネス・コンサーンか?」

「そうだよ、ハコムラの本社。休日だったけどね。
諛左、質疑応答は後でまとめて受けるから、いちいち口を挟むな」

そう言われて、さらに何かを尋ねようとした諛左はむっつりと口を閉ざす。
J が言葉を続ける。

「で、その HBC の中で、ハコムラの内部事情を那音からいろいろ聞かされて、
その挙句に、『手を組もう』 なんて誘われて……」

諛左が何か言いかけたが、J に睨まれ、黙る。

「その後、HBC を出て、ダウンエリアに戻って、
アリヲと落ち合って、ワカツんとこでメシを食ってたら、
あーちゃんがやってきて 『お、こりゃ久しぶりー』 って感じになって……」

「そういう話は省略しろ」

「……そこで、ヘンな連中に尾けられてることに気がついて、
そいつらと、あの噴水広場ンとこで軽く 『話し合い』 になって……」

この場合の 『話し合い』 が意味するところを熟知している諛左は
皮肉めいた視線を投げかけたが、J は無視して話を続ける。

「で、そいつらに丁重にお帰りいただいた後、
あんたの 『古い友人』 が現われて……今に至る。以上」

「……なかなか」 数秒黙った後、諛左が煙草の煙とともに言葉を吐く。
「盛り沢山な一日だったんだな」

「これでも、かなり簡潔に話したつもりだけど」

そう答える J の表情は、更にどんよりとしたものになっている。
改めて一通り話したことで、今日一日分の疲れが増したようだ。



→ ACT 7-14 へ

プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]