忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あら?

あら?

どういうことかしら?

いつの間にか12月?
てか、今年最後の日?

いつの間に?

この前まで9月だったじゃない?
それが、何、明日はもう次の年?


……早すぎる。
こんなに早く時間が過ぎたことが、かつてあっただろうか。
いや、あったけど。

ずいぶんブログもサボりました。
もう3ヶ月以上?
非更新の新記録。

トモダチにも
「たまに覗いてみるけど、全然新しい記事ないね」 と言われてしまい、反省。
「ドラクエやってたんだろう」 とかも言われたし。

いや、やってたけどさ。
でも、それだけじゃなくて、
仕事や私事で珍しく忙しかった3ヶ月だったというのもあるわけで。


まあ、最初から、書きたい時に書くブログにするつもりだったけど
ここまで書かずにいると、さすがにどーなんだ、と思う今日この頃。


とか言っても、もう今日は12月31日。
今年の分は今日で打ち止めですが
来年はもう少し時間を見つけてブログ更新しようかな、と思ってはおります。


ドラクエもやるけど。

あ、3DSの 「どうぶつの森」 も。

ついでに 「ファンタジーライフ」 もやりたい。


 
……いや、仕事もするよ? あれば。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
PR
いやー、おひさです。

かれこれ、1ヶ月半近く?

なんか、久しぶりですねー、という冒頭の言葉も
今ではすっかり当たり前になり、
若干の空々しさすら感じる今日この頃。

皆様、お元気でしたでしょうか。



なぜこんなに間が空いたかというと、


決して


ドラクエ10オンラインに


ハマっていたわけではありませんよ?


…………


いやまあ、
ちょっとはハマっていましたが。

いろいろ仕事やら家の雑事やら体調不良やら、
そういうので時間が取れなかったというのも確かなので。


更新していない間、いろいろ書こうと思うことはあったんですが
どれも時期を逃したとゆーか、いまさらとゆーか、
自分の中で完結してしまったことばかりなので
結局書かずに済ませてしまいました。



それにしても。

いやー、おもしろいですね、ドラクエ10。

ワタシはオンラインはほぼ初めてなんですが
やってみると、結構おもしろい。

一部では、内容がヌルいだの、サーバ不具合が多すぎるだの、
その他いろいろ酷評もありますが
他のオンラインゲームがどんななのかをワタシは知らないし
(というか、知ったこっちゃないというか)
自分なりにまったり楽しんでいます。


昔はゲーム三昧だった私も
最近ではゲームからすっかり足を洗った……つもりではいるのですが
ドラクエと PC ゲームの THE SIMS シリーズだけは特別です。

どちらも思い入れがあるので
結構長く続いているけど、どうにも卒業できずにいます。

だって、やっぱり面白いんだもん。
ストレス解消にもなるし。

いや、今の仕事を始めてからは
特にストレス自体がないんですけど。


まあ、そういうわけで
さすがに廃人とまではいきませんが、
この夏はわりとドラクエ10一色で染まりがちな夏でした。

とゆーか、今も染まってます。


以上、近況報告終わり。


さー、ドラクエやろっと。




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
以前の更新から1か月ぶりです。
ずいぶん間が空きましたこと。

世の中、梅雨を通り越して、もうすっかり夏の気配です。

それにしても、暑い。
相変わらず湿気の多い日本の夏には、ウンザリです。

それでも、確かに夏は苦手だけど、
何となく気分が高揚するから、不思議なものです。
暑いからこそ、楽しめるものが多いからでしょうね。


そんな夏だから、最近は外に写真を撮りに行くのも、なんだかツライ。
ここ半月ほどはカメラも触ってませんでしたが、
先日、仕事でカメラが必要になった時、撮った写真を整理しようとしたら
だいぶ前に撮ったものが、そのままカメラの中に残っているのに気づきました。

それが、






この 『青の世界』。
数年前に のとじま水族館にできた、ジンベイザメが泳ぐ水槽です。

能登方面に用があった時、時間が余ったので
ちょっと場所が離れてはいたけどムリして来てみました。
どうしても一度行きたかった場所なので。

ジンベイザメを実際に見たのは初めてで、とにかくデカい。
水槽のガラス越しでも、目の前を横切られるとかなり圧倒されで、なんかドキドキしました。




間近で見ると、顔はカワイイ。
体のサイズに比べて、目が小さいからでしょうか。

昔、超ハマった 『フォーエバーブルー』 という海中アドベンチャーゲームがありますが
まさにその中の画像そのものの光景。

カメラの性能が良くないので、ワタシが撮った写真はイマイチ不鮮明ですが。
暗いところでは、所詮これがコンパクトカメラの限界。


それにしても、こういう光景を見ていると、ミョーに自分も海に潜ってみたくなります。
と言っても、ワタシ、海では泳げませんが。
だって、怖くて。
プールはいつも足が底につくから平気で泳げるけど、海は底なし。
いや、あるけど、深い。
そんなところで泳ぐなんて、想像しただけでも体がすくんでしまいます。

だから、水族館の中というのは、
とてもキレイで魅せられる反面、とても不思議で、謎で、
ワタシにとってはちょっとした不気味さもある、そんな世界。

で、そういう世界に出会いたくて、ふと行きたくなる場所でもあります。


今回は時間がなかったので、ジンベイザメ以外はほぼ走り抜ける状態で見回りましたが、
これからさらに暑さが増すこの季節、
もう一度来て、ゆっくり回りたいなあ、と思うスポットです。






--------------------------------------

やっとスズメのヒナが撮れました。

やっぱり親スズメよりも胸元が白くて、ほわほわしていて、
めっちゃカワイイです。


それはともかく。

今日書きたかったのは、かわいいスズメのことではなく。


先日のこと。

アパートの部屋の外から、鳴き騒ぐスズメたちの声が聞こえてきて
その鳴き声が尋常ではないほどウルサイかったので、
何事よ、と思い、窓の外を覗いてみた。

騒ぐスズメたち以外に、特に変わった様子もなく、
またいつものスズメたちの縄張り争いかよ、と思いつつ、
ふと、足元に目を落としてみると、
 

ヘビ、キターッッッッ!

というより、ヘビ、イターッッッッ!


私の部屋のベランダ真下に、
要するに、私の足の下10㎝ぐらいのところに、
ヘビの下半身がーーー!

なるほど、「ギャーッ」と叫びたい気持ちとは、こういうことを言うのか、と。


ワタシは、特にヘビがキライということはないけど、
それでもさすがに、いきなり足元に思いがけずヘビがいたら、そりゃ驚きますさ。

このアパートは結構長い間住んでいるけど、
まあ、確かに郊外ではあっても、ヘビを見たことなんて一度もなかったし、
そもそも、こんなふうにフツーにヘビが生息しているなんて、思いもよりませんでした。

こんなヤツが巣の近くに現れたとなっては
そりゃスズメも警戒して鳴き騒ぐのも当たり前。


ワタシとしては、コイツに恨みはないけれど、
とにかく、自分の真下15㎝という距離感に生のヘビがいる、という事実に耐えられず、
速やかにヘビに別の場所へ移動していただこうと思って、
まあ、足音立ててベランダを歩き回った、歩き回った。

スズメたちの鳴き声も異様だったけど、
あの時、ベランダを歩き回るワタシの姿を見てる人がいたなら、
結構それも異様な光景に写ったことでしょう。


その甲斐あって(?)、しばらくしたら、ヘビは
隣の部屋のベランダ下に移動したので、心底ホッとしました。(← ひどい。だが本音だ)
 

侵入者の横顔。
なんていう種類かは知りません。

まあ、ワタシも、突然現れたヘビに驚きながらも
取りあえず写真に収めようと、カメラを取りに行く余裕は一応あったわけですね。

スズメとヘビの膠着状態はしばらく続き、
ワタシも、隣の部屋のところにヘビが移動したことで
そっから先は他人事のように見ていたんですが(← ひどい。だが、これも本音だ)
ちょっと目を離したスキに、ヘビの姿はなくなっていました。
スズメたちはまだ騒いでいたから、近くにはいたんでしょうけれど。


それにしても今まで一度も見かけたことないヘビが
何故いきなり、こんなに思いっきり姿を見せたのか、それはナゾです。
スズメに追い立てられてきたんでしょうか。
だとしたら、少しかわいそうですが。
思いがけず人前に出てきて、一番パニクっているのは、案外このヘビなのかもしれません。
 

急な侵入者に、ちょっとたまげてみた、とある日のそんな出来事でした。




----------------------------------------

この前の日曜日、能登空港で
automobile meeting 2012 というイベントがあり、
ちょっと見に行ってしまいました。

つい先日、仕事で能登方面に行った時、空港にポスターが貼ってあって、
それを見て、ぜひ行きたい、と思っていましたので。
 

能登空港の駐車場が会場になっていて、
そこにスーパーカーや古い国産車、いわゆる名車と呼ばれる車が
ずらりと並んでいます。
結構たくさんの人が見に来ていて、盛況でした。
 

さて、車ですが、ホントに勢ぞろいです、勢ぞろい。
 

ポルシェに、


アルファロメオ、




サーブ、




ランボルギーニなどなど、
もうもうカッコよすぎる! という車がずらりと並んでいます。

なんて、美しい!
そして、なんてお素敵な!


ワタシの大好きな



シボレーカマロもあった!
 

ちなみに、ワタシは特に車が好きとかいうわけではないし、
いい車や高い車に乗りたい、という思いもないんですが、
ただ、カッコいい車を見るのは大好きです。
造形というか、フォルムというか、そういうものが好きなだけなので、
本当の車愛好者の人から見ると、ちょっと邪道なファンかもしれませんけど。

だから、どちらかというと、もっと古いクラシカルな車が好きなんですが、
それでも、ここに並んでいたカッコいい車たちの流れるようなラインには
ちょっとゾクゾクします。

でも、普段は「こういう車が欲しいな」とか思っているわけじゃないのに、
こうやって並んでいるのを見ると、つい乗ってみたくなりますね。

今回集まったこれらの車は、すべて現役の車で
ちゃんとオーナーさんがいます。
本当に車が好きで、大事に大事に乗っているんだろうなあ、という印象が
ひしひしと伝わってきました。
 

今回イベントを見に来た人たちも、恐らくほとんどがかなりの車愛好者。
いかにも
「俺たちは走り続けてきたぜ、今も走っているぜ、
走り出したら止まらないんだぜ」と看板を背負っているような(← 勝手な妄想)
皮ジャン、GジャンにGパン、ツナギといういでたちの
リアル・ワイルドなオジサマたちも多く、
(いや、もちろん、フツーのカッコの人たちもたくさんいましたけど)
そういう人たちが、車の周りで
「おー、これこれ!」 と嬉しそうに車談義をしている様子は
なんか見ているだけで、こちらも楽しかったです。

どの車にも、カメラ小僧やカメラおじさんたちが、
ケータイやらカメラやらでパシャパシャやってました。


で、今回、イベントのメイン展示の一つが、これ。

チャージマツダ767B。

これまで、こんなに至近距離でレース車を見たことはなかったけど、
か、かっこいい……。

最高速度の記録は368km/h。
そんなにも速いスピードで走る車の中から見える世界って、どんなものなのか、
想像もつきません。

今回、この767Bのエンジン始動展示もありました。
レース中に走る車の音を遠くで聞いたことはあったけど、
こんな近くだと、どのように聞こえるのか。
と、ワクワクしながら待ってると。

一言、ものすごい爆音。

耳をつんざく、という表現がよく本の中で出てくるけど、
なるほど、まさにこういうことかい、というような音でした。
鼓膜にズン!と突き刺さるような感じ、というか。
音が、空気の振動ではなくて、物理的なチカラで耳の中に入ってくるというか。
これが、レース車か。すごい。
新鮮な感動でした。


さて、他にもいろいろな車があって、

小振りでかわいいキャロルに、
 

ロータス7。これもカッコ良かったー。
(すいません、カッコいい、カッコいいとばかり言ってますが、
ハッキリ言って、ワタクシ、ミーハーですから)


バーキン7。
これは実物を見たのは初めてなので、ちょっとコーフン。
 

それから、

デロリアン。
ガルウィングのドアが、文字通り翼を広げているように見えます。
そういえば、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に出てきた車も
確かデロリアンだったな。




ミゼットもありました。
そういえば、以前は町中で結構ミゼットを見かけたもんですが
最近はあまりないなあ。さびしいことです。


他にも素敵な車がたくさんあったんですが、
ワタシのカメラの根性なしバッテリーが尽きてしまったので
撮れずに終わってしまいました。


お腹いっぱいになるほど車を見た後ではありますが、
なんだか久しぶりに小松の自動車博物館へ行ってみたくなりました。
あそこも車だらけで、めっちゃ楽しい場所です。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

富山市にある環水公園に行ってきました。

正式には、富岩運河環水公園。
海まで続く5.1㎞の運河を中心に、
両サイドには散策路と緑地が広がる公園ゾーンになってます。

何年か前にできた新しい公園だとは聞いていたけど、
一度も行ったことがなかったので
ちょっと富山市に出たついでに寄ってみました。



第一印象は、とにかく広い。水も陸も。
何しろ、ホームページ情報によると面積は 9.7haだそうです。
……と言われても、ワタシはピンときませんでしたが。
ヘクタールから平方kmへの換算がイマイチ苦手なので。
それにしても、こんなに広大な敷地の施設がいつのまにかできちゃってて、
(いや、ワタシが知らなかっただけですが)
この広さがインパクトありすぎて、
公園ができる前はどんなだったのか、思い出すこともできません。


写真ではあまり人が写っていないけど、
実はそこかしこに家族連れやら友達連れやらがいて、
天気も良かったし、休日ということもあるんだろうけど、
とにかくたくさんの人がいました。


敷地中にはスタバがあって、店内がいっぱいで座れない時は
横の芝生に座って食べたり飲んだりすることも。
というか、むしろそういう人たちの方が多かったかも。
その方がこの広大すぎる自然を存分に体感できるからでしょうか。

スタバのほかに、敷地内には
鉄人・坂井シェフプロデュースのレストランもあるらしいです。
(ホームページを見たらそう書いてあった)

 

まるで露天温泉のような風情だが、温泉ではない。
もちろん、お湯ではなく、これは泉と滝の広場。

この上から、20分ごとに水が流れ落ちてきて滝になります。

と、見ているうちに、
 

滝の時間エルカム。
ちょっと分かりにくいか?

も少し正面に回ると、
 

こんな感じ。
さっきの温泉っぽい水面に(温泉言うな)
上から水が落ちてるのが分かります。
 


広場に至るゆるやかな階段は、カーブがきれい。
落ち着いた石畳のトーンに、
なんか、ヨーロッパ的な雰囲気も感じてみたり。



野外劇場もありました。
人が集まって、何かやってました。リハーサルかな?
 


はい、お約束のカモです。
水のあるところには、大抵いる奴ら。


水もきれいだけど、
 



花もきれい。
青空に映える映える。


確かに、散歩、散策にはぴったりの場所です。
何というか、俗世間を忘れてのんびりできるというか。
ピクニックなんかもいいかもしんない。
シート広げてお弁当食べてる家族連れも、ちらほら。

人も多かったけど、ペットを連れて散歩してる人も大勢いました。
こんなに広いんだから、ドッグランとか作ればよかったのに。


水と緑に囲まれた、富山でのひとときでした。






―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]