忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うっかりしている間に、5月になってました。
早いなー。GW も後半です。

春だというのに雨が降りがちで、桜もすっかり散ってしまいました。
まだ満開の頃に写真を撮りに行きましたが、
UP する間もなく、すでに季節は新緑へと移っています。

せっかく撮ったから載せますけど。





手取川べりの桜並木です。
桜の時期には、毎年ここを訪れることにしています。
あまり人もいないし、桜も見放題。




やっぱり桜はいいですね。
風が吹いたら、あっという間に花びらが散ってしまう はかなさが良い。


……などと書きつつも、
やはり5月の今の季節には、ちょいと時期はずれな感は否めませんが。

とりあえず、桜だより、ということで。





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
PR
先日、お友達のデザイナーさんから、
「テレビを新調したので、古いヤツをタダであげるけど、どーよ」 という電話があり、
ちょうどもう一台ほしいなーと思ってたところなので
ラッキーとばかりに物乞いに行ってきました。

テレビもほしいけど、
訪問目的の一つは、そこんちで飼ってるにゃんこに久し振りに会いたかった、というのもあり。
そう、何度かブログにも書いた、あまり目つきのよろしくないにゃんこ達です。

で、行ってきた。

で、



やっぱり、相変わらずの目つきだった。
貫禄すら感じる、この表情。
でも、愛想はすごくいいツンデレ野郎です。




Mac の後ろにある機械が暖かくて、どうやらそこがお気に入りの場所らしい。
気が付くと、よく機械の上に乗っかってました。

上のは、母親にゃんこですが、




こっちは娘にゃんこ。
やっぱりよく似てます。

「どちらも太ってしまって、持ち上げると重くって」
「え、でも、ネコってこのくらいの大きさでしょう」
「そんなことないない。ウチのは、かなりデブ」
などとデザイナーさんが言うので、そうかなーと思って見てみると




……なるほど。
背中から見たときの肉感のボリュームが、なかなかどうしてハンパない。
最近は、エサの量も少し減らしているんだとか。
昔はどちらもスマートだったのにねえ。

でも、その体格はともかく、やっぱり見てると癒される。

ネコでもイヌだけじゃなくて、もちろん他のケモノもそうだけど
動物から出てくるこの不思議なほっとする感いっぱいのオーラは、いったい何なんでしょうね。
癒されるだけじゃなくて、なんか落ち着くというか、心がほっこりするというか。

独身の一人暮らしの人が動物を飼いたくなる気持ち、わかるなあ。
ワタシもアパートでさえなければ飼いたいんですけど。

マンマが動物嫌いだから、実家では飼えないし。


そういえば、トートツに思い出した。

昔、子供の頃、
近所にいた小さい野良猫を飼いたくて、家に連れ帰ったとき、
親に 「捨ててきなさい!」 と怒られたりはしなかったけど、
一晩たった朝、その子猫がいなくなっていて、
その時のマンマの説明が
「ああ、あの子猫はねえ、昨日の夜、アンタが眠った後に
親猫が迎えに来て、連れて帰ってしまったよ」 というものでした。

猫が、
「どうもウチの子がお世話になりまして」 とかゆって
ひとんちの玄関口まで迎えに来るかい。

……などというツッコミは、当時まだ純真無垢だったワタシの口から出るハズもなく、
単純に、「ああ、そうか、ネコも家に帰ったんだな」 とミョーに納得したことを覚えています。
ホントのところは、
たぶん、ウチの親が夜の間に家から追い出してしまったんでしょうけど。
今では、どんなネコだったかも覚えてませんが。

とにかく、それ以来、ウチではペットNG な感じになってしまっているので、
犬とかネコとかを飼ってる友達が、もううらやましくて。

だから、このデザイナーさんちにも、よく遊びに行くんですけどね。


また今度行こうっと。






――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4月です。
春らしい陽気が、やっと戻ってきました。

数日前までは、ものすごい嵐の日々が続いていて、
何かしら軽いものが暴風にあおられて、部屋の外をカンカラカンカラと転がりまわったり、
窓やガラス戸がガタガタと不穏な音を立てていて、正直ちょっとビビってましたが。

あれがいわゆる春一番というヤツだったんですね。
そんな荒い天気がウソのように、今はすっかり穏やかな晴れ模様。

さて、1月から3月まで続いていた束の間の会社勤めから解放され、
元通りフリーの状態に戻りました。
終わってみると早いものです。
勤めだした最初の頃はなかなかシンドかったけど、さすがに3か月も経てば慣れるもんですね。
懐かしい面々にも会えましたし、なかなか刺激的でほどよい緊張感も保てた3か月でした。
それに、今回はパート待遇の勤務だったので、
以前のように残業やら休日出勤やらとは無縁でしたから
まわりの正社員には悪いけど、ちょっとノンビリした気分で働かせていただきました。
朝起きるのがツラかったぐらいです。(ちっちぇー)

他人がいる環境で働くことに慣れてしまうと、
いざ、契約終了で元の生活に戻った当初は、何気に人恋しさが募ってしまいましたが、
でもやっぱり自由に時間を使える暮らしはラクです。改めてそう思います。

契約終了した日からしばらくは、ミョーにテンションが上がってしまって、夜更かしの連続でした。
3か月の間に手に入れた規則正しい生活リズムも
ほんの数日で元の不健康なライフサイクルに。
人間、堕ちるのは早いです。あっちゅー間です。

せめて社会不適応者にならない程度に気を付けよう。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
いつのまにか3月も終わりそうな今日この頃。

こちらでは、一日ごとに晴れたり雨が降ったりして、
暖かいのか寒いのか、
春が来たのか、まだ冬なのか、
まったく分からない天候が続いています。

毎日の気温の変化に体がついていけず、体調もイマイチ。
もう少し春めいた空気になってくれれば、気分も晴れるんですが。


そして、今日はどんよりと薄暗く、絵にかいたような曇天。
空を見てるだけで、滅入りますね、もう。


そんな曇り空の下、
我が家の庭木に、またもやムクドリがやってきた。



あいかわらず、黄色いクチバシがキュート。
グレイトーンの景色の中、なにげに目立っています。


この前やってきた時は一羽だったけど、
今日は、



お二人さまです。ツガイかな?





クチバシもかわいいけど、なんと言ってもこのつぶらな瞳がたまりません。
見てるだけで癒されます。
スズメとはまた違う趣がありますね。

というか、スズメよりも可愛いんじゃね?


ちなみに、前に撮ったスズメは



……うーむ、なんだろう。
なんでムクドリよりも猛々しく見えるんだろう。しかも、ふてぶてしい。

目の形か?
それとも、目とカラダの比率の違いか?

スズメはもちろん好きだけど、
客観的に見ると、ムクドリのつぶらな瞳の方が絶対的に可愛いと思います。


ま、どっちでもいいか?
どちらも我が家の庭の大事なお客さまですから。

もっと暖かくなれば、もっといろいろな野鳥がやってくるだろうから
ホント、早く春が来てほしいなあ。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



久しぶりに実家に戻ってみたら、今年もお雛様が飾ってありました。

人形をしまいっ放しにしておくのは可哀そう、ということで
年に1回ではあるけれど、ウチの母が毎年出して飾っています。

でも、段飾りにするのは手間と時間がかかるので、
ここ数年は、床の上に1段だけ台を置いて、そこに全ての人形を飾ってあります。
タンスとか長持などの道具類は省略。人形のみです。

古いけど大事にしまってあるから、
お内裏様、お雛様、三人官女に五人囃子、みんなキレイな状態です。

子供の頃から毎年見ているので、
こんなふうに勢揃いしている光景を目にすると、
なんとなく 「お久しぶりです」 という懐かしい気持ちになりますね。
いや、どちらかというと、「お帰りなさい」 という感じかな。

それはともかくとして。

お雛様は、3月3日のうちに片づけてしまわないと
その家の娘は、嫁に行き遅れる、という俗説を聞いたことがありますが、
ちなみに本日は、3月10日です。
3月3日から、1週間たってますね、はい。

でも、
「キレイだから、もう少し飾っておこうと思って」 と母は言ってます。


これ以上、娘を遅れさせてどうするか、母よ。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

さて、3月に入り、あれだけ積もっていた雪も、すっかり解けてなくなり、
もうすぐ春だなあ、とようやく実感できる時期になってまいりました。

雪すかしやら何やらで、あんなに苦労させられた雪ですが
なくなってみると、なんとなく寂しげな気持ちになるのは何故でしょう。
やっぱり、雪景色が見られなくなったからでしょうか。
確かに、冬の枯れ木や落ち葉がとっ散らかってる侘しい路上の光景よりは
雪にすべておおわれた白い世界の方が、はるかにキレイだったし。

といって、また降られても絶対断りますが。


今となっては時期外れですが、
2月の終わりにふと行ってみた白山ひめ神社の写真が出てきたので
ちょっと載っけてみます。

勤め出してから、ふらっと写真を撮りに行く機会が激減したものだから、
もうドライブに行きたくて行きたくて、
久々の休みらしい休みを取れた時に、勢いで訪れた時のもの。


相変わらず「由緒ある」という言葉がぴったりの正面図です。
まだ、相当雪が積もってましたね、この時は。
でも天気が良くて、キレイな景色でした。

そんなに人はいないだろうと思っていたら、
駐車場には車がいっぱいで、ちょっと驚いた。

なんだろう、皆、入試の合格祈願にでもやってきたのかな、とか思ってると、
実は、この日は結婚式があったようです。
晴れて良かったね。


左右には、同じく雪をかぶった狛犬がいました。

口をあけてるこっちが、阿(あ)の方で、


こちらが吽(うん)ね。

雪で目隠しされていながらも、律儀にお社を守ってます。

 

おみくじを結ぶところにも、雪が。

 

建物の屋根からは

獣のツメのようなツララ付き屋根雪が、
今にも落ちそうな様子で頑張っています。

と思っていたら、


一回りして戻ってきたときには、もう落ちてました。
すっきり。

 

裏の参道の階段。


通る人の足跡で雪が踏み固められている上に、
日中を通してほぼ日陰なので、
段上の雪がまるで氷のようになっています。

歩くときには、慎重の上に慎重を重ねて。
油断していると絶対に滑り落ちる、そんなツルツル感が満載。
ここでコケたら、遥か下方にある最下段まで、きっとノンストップ。


敷地内の背高な針葉樹に積もってた粉雪が、
何かの拍子に落ちてきて風に舞ってる様子が、超幻想的……なのですが、
写真の腕がイマイチなので、
なんか小さなホコリがハラハラしてるようにしか見えなくて、残念。


この後、天気が曇ってきたので、
また降り始める前に帰りましたが、
久しぶりの撮影散歩で、ちょっと気分がよくなった一日でした。






-----------------------------------

プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]