忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「それより、どう動く?」

諛左は J に尋ねた。

「相手はデカい分、入り込む間口は広いぞ。
いつもの人捜しみたいに、ダウンエリアを1、2周して済む話じゃないからな」

「それなんだよね。取りあえず、笥村邸とハコムラの本社は押さえとくべきだろうな。
笥村聖が失踪した頃の世間の動きもチェックしておきたいし……」

諛左に答えながら J は、明日から始まる厄介な日々を思って気を滅入らせた。
椅子の背もたれに身体を預けて、薄汚れた天井を睨みながら呟く。

「ああ、人手が欲しい……」

「普段、ナマけてるんだ。お前が倍働け」

「……諛左にも充分動いてもらうから、そのつもりで」

「給料分ぐらいは働いてやる」

「安サラリーで悪かったね」

「お前の取り分を削れば、もう一人ぐらい人が雇えるかもな」

「諛左の分を削るっていう案は?」

「却下」

諛左の素っ気ない返答に、J は顔をしかめてみせた。

J から毎月支払われる給料について、決して諛左が満足していないことは J も知っている。
だが、この男は、それについての不平不満をほとんど口に出さない。

ただ、行動をセーブする。
報酬に見合わない動きは絶対に避けるのだ。

対価という観点から考えれば当たり前なのかもしれないが、
時に無情さを感じさせる諛左の一貫した態度は、J を苛立たせることもあった。

まあいい。
J は麻与香が残していった小切手の額を脳裏に浮かべた。
今回は、諛左から超勤手当を要求されたとしても、やりくりはできる。
その分、いつも以上に動いてもらうことにしよう。

そう考えて煙草に手を伸ばした J は、ふと何事かを思いついてちらりと諛左の顔を見た。

「諛左。お前さあ……」

「何」

「あまり驚いてないところを見ると、もしかして、最初から知ってたんじゃないの?
あの女の依頼の内容のこと」

諛左はちらりと J を見て目を細め、意味ありげな表情を浮かべると、

「……さてね」

とだけ答えた。
J の耳には、それは肯定の意にしか聞こえなかった。

麻与香のペースに乗せられ、諛左には良いように動かされる。
そんな自分が非常に腹立たしく、かといって、自分ではどうにもできないことを J は呪った。

まったく、どいつもこいつも。

タイミングよく千代子が運んできたワインを手早く受け取ると、
J は苛立たしげな気持ちを抑えて一息で飲み干した。

 

-ACT 2-  END


→ ACT 3-1 へ

PR

「……恨むぞ、諛左」

「なんだ、穏やかじゃないな」

「あの女、とんでもない依頼を持ち込んできた」

J は麻与香の話した内容をかいつまんで諛左に説明した。
聞き終わった諛左が口笛を吹く。

「今やニホン国家元首よりも有名な男を捜せ、とはね。
網にかかったのは、思わぬ大物だったというわけか」

「だからって、喜ぶ気にはなれないけど」

「なんで」

「なんで? なんでって、なんで? 当たり前だろう。相手はハコムラの総帥だよ。
一介の 『何でも屋』 の手に負える相手じゃない。んな危ない仕事に手を出せるか」

「大袈裟だな」

「でも、事実だ」

「だが、お前は引き受けたんだろう?」

「……『考えとく』 とは言った」

「それは受けたも同じだな、お前にとって」

「麻与香と同じこと言うなよ」

J はますます気分を滅入らせた。
タイミングよく諛左にコーヒーを運んできた千代子に、J は疲れた顔で頼んだ。

「千代子さん、すみませんがグラスにワインを一杯」

千代子が軽く眉を上げる。
それは無口な千代子が時折見せる、ちょっとした非難の表情だった。
だが、日も高いうちからアルコールを口にすることへの後ろめたさは、今の J にはない。
ちょっと肩を竦めて見せただけだった。
千代子は J の表情を見つめ、やはり何も言わず、同じように肩を竦めて部屋を出て行った。

何か言いたげな諛左の視線に気づき、言われる前に J が口を開く。

「今日の仕事は、もう終わりだ。ワインぐらい構わないだろう」

「昼過ぎに店じまいして酒に走るとは、大した殿様商売だな」

「放っとけ。たった1時間の労働が、1日分の疲労に相当することだってあるんだから」

そう、たった1時間。麻与香がオフィスを訪れてから帰るまでの時間。
その間の精神的苦痛を考えれば、今日はもう勤勉に仕事を続ける気は起こらない。
J は勝手な理屈で自分自身を納得させた。

「麻与香の件は、明日から動くことにする。それまでは臨時休業」

「やっぱり受けるんだな。まあ、動くつもりがあるなら、それでいいが」

「……仕方ないだろう」

J は目の前の机の上に目を落とす。
そこには小切手と白い封筒が置かれたままだった。

「あの女、こっちが断りにくいように、依頼料を先払いしていった」

それに、この依頼を引き受けなければ、きっと麻与香は連日このオフィスを訪れて、
J が応じるまで口説き続けるに違いない。

それは何としても避けたい。
それよりは、適当に動いて茶を濁す方が恐らく楽だろう。
こんなことを諛左に話せば 「それがプロの発想か」 と、また説教されそうだが。

「それに……」

「ん?」

「……いや」

去り際に麻与香がほのめかした意味深な言葉が J の心に引っかかっていたが、
それを諛左に伝えなければならない理由は特にない。
J は開きかけた口を閉ざした。

「先払いとは景気がいいな。少なくとも、これで事務所の借り賃が払える」

小切手の額と封筒の中身を調べた諛左が、他人事のように J に笑ってみせる。
この雇い主にして、この雇い人あり、と言うべきか、J と同じことを考えたようだ。



→ ACT 2-20 (完) へ

麻与香はよく喋った。

彼女自身のこと。
両親の死後に自分を育てた血のつながらない叔父のこと。
幼い頃のこと。
人生のこと。

とにかく話のネタはつきなかった。
そして、語り終えた後、決まって J に同じことを尋ねるのだ。
「アンタは、どうだったの?」 と。

J の方は何も語らなかった。
語る必要がないと思ったからだ。
黙っている J にしばらく目をやった後、麻与香は再び話し出す。

エレメンタリー・スクールからジュニア・ハイ、カレッジに至るまで彼女が歩いてきた道を。
ハイスクール時代に 『お遊び』 で海外に2年程とどまっていたことを。
それがなければ、もっと早くカレッジに入学できたのだと麻与香はつまらなさそうに言った。

「でも、そうしていたら、アンタと会えなかったかもね、フウノ」

眩暈を起こせずにはいられない麻与香の言葉である。
J にとって耐えがたい 『交流』 は、このようなペースでおよそ2年近く続いた。


そして進級の時期を迎える頃。

カレッジだけでなく、世間全体を沸かせる 『ちょっとしたニュース』 が発表された。

ニホンに冠たるハコムラ・コンツェルン総帥の笥村聖と耶律麻与香の婚約である。

『結局、あんたは楽に人生を送る方法を手に入れたわけだ、麻与香』

そう、これが麻与香と交わした最後の言葉。
8年前の麻与香の姿と共に、J の記憶に残っている棘のようなメモリーチップだった。


     ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


カチャ…という硬質な音が、8年前から現在へと唐突に J の意識を引き戻した。

客人が去ったのを見計らって千代子がカップを下げにきた姿が J の目に入る。
机の上にある二つのカップは、片方が空、もう一方は口も付けられていない。
ここのコーヒーは、やはり麻与香の嗜好に合わなかったのか。
どうでもいいことを J は考えた。

カップを下げて部屋を出る千代子と入れ替わりに、諛左の姿がドアの向こうから現わる。
擦れ違いざまに千代子にコーヒーを頼むと、諛左は J に目を向けた。

「どうだった、同窓会は。盛り上がったか?」

「……」

明らかに面白がっている諛左の表情を、J はきつい目で睨んだ。



→ ACT 2-19 へ

麻与香の口調は訳もなく J の胸の中に反感の念を呼び起こした。

「ハグれてるようには見えないね。取り巻き連中が今のあんたの台詞を聞いたらどう思うか」

「フウノ、あんな連中とツルんで、あたしが何の得をすると思うの?
ちやほやされた女王様扱いを無邪気に嬉しがってるとでも?
あたし、そんなに馬鹿馬鹿しい女に見える?」

J は思わず麻与香を見た。
美しい顔を歪めて嘲笑うかのような表情は、それまで J が見たことのないものだった。
無情にも自分の崇拝者たちを本心から蔑んでいる。

その挙句に、自分に興味を抱いたのか、この女は。
J の皮膚の上をさざなみのような感触が軽く走りぬけた。
あの時と同じように鳥肌が立っている。

J は、少なくとも自分にとっては不毛に思えるこの会話を打ち切るように言った。

「ハグれてるっていうんなら、それでいい。
だからって、あたしに付きまとわないでほしいね。さっきも言ったけど、そういうの、迷惑」

「それはできないわねぇ」

当たり前のように答える麻与香。

「だって、あたしはもうアンタに興味を持ってしまったんだもの。
それに気づいてしまったんだもの。
だから、アンタも気づくべきだわ。あたしにね。絶対気づかせてあげる」

「……」

だからそれが迷惑なのだ、と連呼する気力を J は失いつつあった。
クモの糸がゆっくりと自分の周りに張り巡らされようとしていることを、本能的に悟った。

思った通り、耶律麻与香は厄介な女だった。
どんなに J が麻与香を避けようと、この女には関係ない。
麻与香の方が J への執着を解かない限り、この女は J から離れようとしないだろう。

「とにかく、もうあたしに近付かないで」

辛うじてその言葉だけを伝えると、J は返事を待たずに麻与香に背を向けた。
麻与香の気配を振り切るように歩き出す J に、

「だから、それは無理よ」

と、事も無げに言ってのけた。
その麻与香の口調は憎らしいほど涼しげだった。


そして宣言通り、麻与香は J に付きまとい続けた。

カレッジの人々は、麻与香という鮮やかな光に目が眩んでいた。
しかし今になってようやく、
半年程前に15歳で入学した、もう一人の学生の存在を思い出したようだった。
2人は、入学した時とは少し異なる意味で再び注目の的となった。

それも J にとっては煩わしかった。



→ ACT 2-18 へ

麻与香は言った。

「あたし? あたしはフツーよ。ただ他の人間よりも少しばかり自分の武器になるものが多いだけ。
でも、フウノは違うわね。あたしも他人も持ってないものを持っている」

「……」

「ねえ、 『フウノ』 ってニホンの苗字でしょ? あたしの名前もそうだけど」

「なんでそんなこと聞くのさ」

「アンタに興味があるって、さっき言ったじゃない」

「あんたには関係ないよ」

あらゆる人間の興味を引きつける威力を持つ女。
その女が、こともあろうに自分に興味を持っている。

そう考えただけで J は気が滅入った。
ハッキリ言って、迷惑だった。麻与香にもそう言った。

「迷惑なんて言わないでよ」

言われた麻与香は J に顔を近づけた。
艶やかな香りが J の嗅覚を刺激する。

「あたしね、正直言って他人に関心を持ったことなんかないのよ。
だって興味深い人間なんてこれまで一人もいなかったもの。
でも、覚えてる? この前アンタとすれ違いざまに目が合ったこと」

覚えていたかったわけではないが、忘れてはいなかった。
そう、あの時だ。
J の足が竦んだあの瞬間。

「あの時にね、気付いたのよ。フウノの周りを囲んでる空気に」

「空気?」

「そう。あたし、アンタから目が離せなかったわ。
その空気の正体を見定めてやろうと思ったのに。
でも分からなかった。それから興味がわいたのよ」

2人の人間の視線がかち合った瞬間。
あの瞬間から、J は麻与香を避け、麻与香は J に執着し始めた。

でも、何故。
J はいよいよ不可解の虜となった。

「そうね。何でかしら。あたしなりに考えてはみたのよ。
ぱっと見には、ただの小娘なのに、何があたしの気にかかるのか……。
最初はね、アンタがいつでも誰といてもハグれてるところだと思ったわ」
「ハグれてる?」

思わず J が聞き返す。

「そうよ。あんたは世の中にウンザリしてる。疎ましくてしょうがない。
だから人の中にはいられない。
そういう人間って自然と群れから外されるもんだけど、あんたは好きで自分から外れてる。
ガキのくせにね。でも、そういう心境って誰にでもあるものだわ。あたしにもね」

「あんたにも? そういうのって、あんたとは無縁の心境に思えるけど」

J は言い切った。
その口調には、冗談じゃない、というJの思いがありありと浮かんでいる。

「あんたのどこがハグれてるって言うのさ?」

「ハグれてんのよ」

妙に断定的な調子で麻与香は言い切った。



→ ACT 2-17 へ

毎日毎日、麻与香は J の姿を見かけるたびに近寄ってきた。

一方的に他愛もない話題を振りまき、一方的に J を質問攻めにする。
その答えも待たずに一方的に去っていく。
翌日になれば、また同じことが繰り返される。
まるで毎朝、鳥カゴの中の鳥に語りかけ、言葉を教えでもするような調子で。

何なんだ、この女。
麻与香の態度は当然 J の反感を誘った。

毎日同じ人物に話しかけて、それを100日続ければ望みがかなう、という迷信の類だろうか。
まさかそんな、と思いつつ、そういう馬鹿げたことまで考えてしまう J であった。

そういう状態が半月以上も続いたある日。
不可解さから逃れたい一心で、J はついに麻与香に尋ねた。

「あのさ」

「何?」

麻与香の声が蠱惑的に響く。

「これって、一体何のゲーム?」

J の質問に、麻与香はすぐには答えなかった。
目の前で悪魔的な微笑が浮かんでいる。

「やっと聞いたわね」

してやったり、という表情が麻与香の美貌を支配していた。
J は尋ねたことをすぐに後悔した。

「実はちょっとした賭けをしていたのよ」

「賭け?」

あからさまに不愉快さを浮かべた表情で J は麻与香を見据えた。
それに対して、当の麻与香は口の端を少し上げて、もう一度笑って見せた。

「そうよ。ま、賭けって言っても、あたしが勝手に自分相手に賭けてただけの話なんだけど」

「何、それ」

「率直に言うとね、あたし、アンタに興味があるのよ、フウノ」

麻与香はそのまま口を閉ざして J の反応を待った。
J が黙ったままでいるつもりなのを見て取ると、小さく息をついて言葉を続ける。

「フウノ。アンタってさ、フツーの顔してカレッジなんか通ってるけど
どっかフツーじゃないってコトに自分で気付いてる?」

「……」

「ああ、言っとくけど 『フツーじゃない』 っていうのは、
『おかしい』 とか 『変』 とかいうイミじゃないから。
そうねえ……『他の連中と違う』 っていう表現の方が近いかしら」

思いもよらない麻与香の台詞が J を驚かせた。
たった今自分が言われた言葉は、そっくりそのまま麻与香の方にこそ当てはまるだろうに。
そう伝えると、麻与香はもう一度笑った。



→ ACT 2-16 へ

プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]