忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[674]  [673]  [672]  [671]  [670]  [669]  [668]  [667]  [666]  [665]  [664
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

富山市にある環水公園に行ってきました。

正式には、富岩運河環水公園。
海まで続く5.1㎞の運河を中心に、
両サイドには散策路と緑地が広がる公園ゾーンになってます。

何年か前にできた新しい公園だとは聞いていたけど、
一度も行ったことがなかったので
ちょっと富山市に出たついでに寄ってみました。



第一印象は、とにかく広い。水も陸も。
何しろ、ホームページ情報によると面積は 9.7haだそうです。
……と言われても、ワタシはピンときませんでしたが。
ヘクタールから平方kmへの換算がイマイチ苦手なので。
それにしても、こんなに広大な敷地の施設がいつのまにかできちゃってて、
(いや、ワタシが知らなかっただけですが)
この広さがインパクトありすぎて、
公園ができる前はどんなだったのか、思い出すこともできません。


写真ではあまり人が写っていないけど、
実はそこかしこに家族連れやら友達連れやらがいて、
天気も良かったし、休日ということもあるんだろうけど、
とにかくたくさんの人がいました。


敷地中にはスタバがあって、店内がいっぱいで座れない時は
横の芝生に座って食べたり飲んだりすることも。
というか、むしろそういう人たちの方が多かったかも。
その方がこの広大すぎる自然を存分に体感できるからでしょうか。

スタバのほかに、敷地内には
鉄人・坂井シェフプロデュースのレストランもあるらしいです。
(ホームページを見たらそう書いてあった)

 

まるで露天温泉のような風情だが、温泉ではない。
もちろん、お湯ではなく、これは泉と滝の広場。

この上から、20分ごとに水が流れ落ちてきて滝になります。

と、見ているうちに、
 

滝の時間エルカム。
ちょっと分かりにくいか?

も少し正面に回ると、
 

こんな感じ。
さっきの温泉っぽい水面に(温泉言うな)
上から水が落ちてるのが分かります。
 


広場に至るゆるやかな階段は、カーブがきれい。
落ち着いた石畳のトーンに、
なんか、ヨーロッパ的な雰囲気も感じてみたり。



野外劇場もありました。
人が集まって、何かやってました。リハーサルかな?
 


はい、お約束のカモです。
水のあるところには、大抵いる奴ら。


水もきれいだけど、
 



花もきれい。
青空に映える映える。


確かに、散歩、散策にはぴったりの場所です。
何というか、俗世間を忘れてのんびりできるというか。
ピクニックなんかもいいかもしんない。
シート広げてお弁当食べてる家族連れも、ちらほら。

人も多かったけど、ペットを連れて散歩してる人も大勢いました。
こんなに広いんだから、ドッグランとか作ればよかったのに。


水と緑に囲まれた、富山でのひとときでした。






―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]