忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうやら狭間は、自分の心に湧き上がった不平不満を静かに飲み込むタイプではないようだ。
少なくとも、諛左はそう判断した。

その点を取り上げてみても、J とは正反対といえる。
何か言いたげな目をしながらも、心に思うことの半分も口に出すかどうか。それが J だ。
結果、何を考えているのか判らない印象を見る者に抱かせる。
そんな J に比べれば、心情をあからさまに吐露する狭間の態度は、まだ理解しやすい。

正直なところ、今をときめくハコムラのトップを支える首席秘書が、
ここまで人当たりの悪い男だとは、諛左も予想外だった。
だが、巨大に膨らんだ組織の中で、常に内外に目を光らせ神経をすり減らしている、
目の前にいるのは、そんな男なのだ、と思えば、
多少なりとも柔和さに欠ける今の態度も、どこか納得できた。

とはいえ、こうも簡単に自らの所属組織を悪し様に口にする、というスタンスは、
第三者の諛左から見ても決して感心できる行動ではない。
それとも、何らかの意図を秘めたポーズなのか。
この男も、あの信頼に値しない鳥飼那音と同様、諛左や J をミス・リードに陥らせるための
コマの一つに過ぎないのか。
諛左は一層慎重になった。


『見た目ほどヤワな男じゃないぞ、狭間は』

諛左の頭に、阿南の言葉が浮かび上がる。

『一見、神経質そうで取り扱いに困るガラス細工のようだが、
実は、鋼鉄よりも頑丈なグラス・ファイバー製で、
壁に叩きつけても、壊れもせずにそのまま跳ね返ってくるだけだ。
しかも口数が多いから、何か尋ねたとしても』

煙に撒かれてしまうかもな。
阿南はそう言った。

昨晩のこと。
世に公表するのを憚られる事実、つまり 『笥村聖は、実は……』 という秘密を
J から打ち明けられた時の阿南の反応は、驚きこそ見受けられたものの、意外に冷静だった。
ただ、そういうことか、と一言呟いただけで、しばらく口を閉ざしていた。
同席していた金髪の情報屋が見せた、呆れるほどに大仰な反応とは対照的だった。
(情報屋の方は、あまりに騒ぎすぎて 「うるさい」 と J に一喝されていたが。)

一時期は笥村聖のガーディアンとして働いていた阿南のことだ。
この男なりに思い当たることがいろいろあるのだろう、と諛左は察した。
それは、複雑そうな、しかしどこか納得しているかのような阿南の表情からも窺い知れた。
もしかしたら、静かに腹を立てていたのかもしれない。
あるいは、主不在の屋敷を何の疑いもなく数ヶ月警備していた自分自身に対して、
一抹の馬鹿馬鹿しさを覚えていたのかもしれない。

ともかく、4人が秘密を共有することになった。
この先どう動くか、誰が何をするか、そんな計画的な話から、
笥村聖に実際何が起こったのか、幾つかの憶測、邪推なども含めて、
時には有効な、時には無責任な意見を出し合い、
まとまりもせずに話が尽きた頃には、既に時計の針は天辺を越えていた。

とりあえずは予定通り、主席秘書の狭間から話を聞いてみる。
そこから何か掴めるものがあれば、また考えることにしよう。
話すことに飽いてきたらしい J が (あの女は考えるのが面倒になると、すぐ飽きるのだ)
そんな曖昧かつ適当な形で話を半ばムリヤリ終わらせた時に、阿南がぽつりと言った、
それが 『グラス・ファイバー』 云々という台詞だった。


阿南の言葉は、狭間に関する幾許かの先入観を諛左に植え付けたが、
実際に狭間と対面した今の印象との間に誤差はほとんど見当たらない。
阿南の表現は的確だった。
口数が多い、という点においても。


→ ACT 8-4 へ

PR

部屋の中は、相変わらず静かだった。
午後の早い時間である。
ここハコムラ本社・HBC では、恐らく諛左が及びもつかないほど数多の人間たちが
今この瞬間にも巨大な建物の中を行き来している、そんな時間帯の筈だが、
防音設備が完璧なのか、この部屋にいると、その気配すら感じられない。

殺風景で冷たい印象の部屋だった。
備品が少ない、というわけではない。
働くための部屋、という体裁は整っている。
しかし、ハコムラの首席秘書が在する執務室、という眼で見た限りでは、
その大層な肩書きにはそぐわない空間である。

さほど高級そうでもないソファセットをはじめ、
狭間本人がつい今しがたまで座を占めていたデスクも、
壁際に設えられた書類棚も、
ドア付近にポツリと立っているコート掛けも、
どれもが、機能と価格のみを重視したかのような味気なさがある。
それはそのまま、部屋の主の印象に通じるものがあった。

虚飾を嫌うタイプなのか。
改めて、諛左は目の前の人物を見た。

相手も、諛左を見た。
そして数秒間、不躾な視線を諛左に向けた後、狭間は何の前置きもなく口を開いた。

「事前のお話では、総帥夫人のご学友は女性の方だと伺っていましたが。
確か、ミス・フウノという名の。失礼ですが、貴方は?」

細面の顔に似つかわしい、少し高めの声が諛左の耳を打った。
先程と同様にきつい光を瞳に浮かび上がらせながら、まっすぐに諛左を見据えている。
歓迎とは真逆の意図をたたえた視線からすると、
やはり、愛想の良い応対を狭間から期待することは難しいようだ。

諛左は自らの名を告げ、さらに、笥村麻与香のご学友であるところのミス・フウノ、
つまりは J が、昨夜不慮の事故において負傷したため、
今日の会見に同行できなくなった旨を狭間に伝えた。

「ほう、怪我を……」

それは大変でしたね、と狭間は付け加えた。
ミス・フウノがこの場にいようがいまいが、明らかに興味がなさそうな口調である。
眼鏡をとって、疲れているらしい目頭を軽く押さえただけだ。

眼鏡という遮蔽物なしに近い距離で真っ向から見ると、蛇を思わせる顔つきだった。
華奢で小柄な、だが毒を隠し持つ白い蛇が、鎌首を持ち上げている。
などと、どうでもよい連想を頭の奥に追いやりながら、
諛左は狭間の顔から目をそらして咳払いをした。

「ご多忙なところをお邪魔してしまったようで、申し訳ありません」

そういう諛左の言葉に、ややシニカルな含みを感じ取ったのか、狭間の眉がぴくりと動く。
そして、

「それは否定しません」

きっぱりと言った。

「ミスター・ユサは 『事情』 をご存知のようだから、あえて申し上げますが、
なにしろ、『例の件』 以来、私のやるべきことが格段に増えましてね。
24時間フル稼働したとしても、まだ未処理の用務が山のように残っている、そんな現状です。
これはもう、秘書という職域を超えているのではないか、と思いますよ。
『事情』 を知らないとはいえ、他の役員たちのほとんどが接待やらパーティやら、
楽しげな表舞台を飛び回っているの見ていると、つくづく羨ましい。
いや、羨ましいというよりも腹が立つ。
まあ、彼らが 『事情』 を知っていたとしても、さほど役に立ったとは思えませんが。
彼らにとってハコムラ役員のポジションは、
安穏を約束してくれる、老いた身の最後の置き所でしかないのですからね。
興味があるのは、金回りのことだけです。
いや、それはどうでもいいことですが、何にせよ、まったく頭が痛い」

一気にまくしたてると狭間は、ふう、と息を吐き出し、口を閉ざした。

おいおい、いいのかそんなことを言って、と諛左は少々呆れた。
今の言葉が、多忙さをアピールしたものなのか、歓迎すべからぬ相手への牽制なのか、
それとも、疲労ゆえに口が軽くなった男の単なる愚痴に過ぎないのか、諛左には判断がつきかねた。



→ ACT 8-3 へ

ACT 8  - Everything depends on how you look at it -

 

思ったより、若く見える。
それが、ハコムラ総帥の主席秘書である狭間猷士(ハザマ・ユウジ) を目の前にして、
諛左が最初に抱いた感想だった。

案内されて諛左が部屋に現れたとき、
狭間は壁を背にして机に向かい、何らかの書類に目を通しているところだった。
諛左の姿をじろりと見て、ああ、と小声で呟き、
大儀そうに部屋の中央に設えられたソファセットを指し示した。
座れ、という意味なのだろう。
狭間の表情は固い。
そして幾分、不機嫌そうだった。
そのまま視線を手元の書類に戻し、読み続ける。
初対面の挨拶も握手もない。

おやおや、と諛左は気づかれない程度に肩を小さくすくめ、こちらも無言で指示通りソファに座る。
正式なアポイントメントを踏まえたにもかかわらず、
狭間にとってこの会見は、あまり、いや、相当気が乗らないようだ。
不機嫌な表情を隠そうともしない。
書類に目を走らせながら、空いている指で小刻みに机を叩いている。
無意識めいたその動作の中には、軽い苛立ちが見て取れた。

諛左を目の前にしながら、さも相手を待たせて当然、と言いたげな、そんな狭間の態度は
諛左を対等の会見相手とみなすつもりがないことを示していた。
これは厄介そうな相手だ。
スムーズに話ができるかどうか。
諛左は既に少々ウンザリしながら、他にすることも見つからず、改めて目の前の男を観察した。

茶色がかった髪をきっちりとまとめ、
とうに40歳の大台に乗っている筈だが、造作が整ったやや青白い顔は、
肉付きこそ悪いものの、シワなどは一切見当たらない。
仕立てのよいスーツにつつまれた体は、加齢によるダブりとも無縁なようで、
小柄ながらスマートなその姿は、街で見かけるカレッジの学生の中に混ざっても
あまり違和感がないように諛左には思えた。
ただ、目だけが違っていた。
つい今しがた銀縁の眼鏡の奥から諛左を見た細い瞳には
決して侮れない鋭い光が宿っている。
その眼力だけで、どこか剣呑な印象を見る者に抱かせる、そんな風貌の男だった。

J を連れて来なかったのは正解だった。
素っ気ない狭間の態度を見るにつけ、諛左は確信する。

諛左の上司であり、事務所のボスでもある J は、
大概の場合において、自らの立場よりも感情の方を優先させる傾向がある。
そして、普段は怠惰で物臭な性分のくせに、
時として気に入らない相手に出くわすと、急激にテンションが上がる。もちろん、負の方向に。
相手の地位や身分がどうであろうと、
実に簡単に敵対モードのスイッチを入れることができる、これも厄介な女なのだ。
そうなると、皮肉、嫌味、暴言、etc ……相手の神経を逆撫でするために J は手段を選ばない。
実際、そんな J の暗い敵意によって、場が不穏な空気につつまれる瞬間を
諛左は今までに何度も目にしていた。

どう見ても、狭間は J の気に沿うタイプの男ではなかった。
今日、もし J がこの場に同席していたとして、
お世辞にも礼儀正しいとは言えない狭間の態度を見たならば、
今の時点で既に、『なんだ、その態度は』 と
こめかみに不穏な青筋を軽く2、3本は浮き上がらせていたことだろう。
それほどまでに、狭間の対応は素っ気なかった。


しばらくの間、苛立たしげに紙をめくる音、そして、ポンと判を押す音が交互に続き、
ようやく狭間が立ち上がったのは、諛左が入室して10分近く経過した頃だった。
そのまま、小気味よい足音を立ててソファセットへ移動し、諛左の正面へ腰かけた。



→ ACT 8-2 へ

プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]