忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

建物自体の旧さに加えて、長い間持ち主がいなかったせいもあり、
ビルの様子は内外ともにくたびれていた。
しかし、それすら J は気にしていなかった。

たとえ、外壁のコンクリートが変色してヒビが入っていようと、
同じようなヒビが J の室内にも侵食していようと、
それによって、ただでさえ荒んだイメージをもたらすところに
より一層、胡散臭い印象を与えることになろうと、まったくもって無頓着であった。

少しは修理した方が良いのではないか、と親切めいた助言をする人間もいたが
J はお節介な友人たちに 「そのうちね」 と答えるだけで、未だに実行されたことはない。


かつては駐車場として使われていたらしい 1階のスペースは倉庫になっている。
そこには、とても生活に必要とは思えないガラクタが無造作に散らばっていた。

見栄えがよくないために
通常はネズミ色のシャッターで通りの人々の視線から仕切られている。
通常以外にも、めったに開放されることはなかったが。

シャッターの横には階上へ続くコンクリートの狭く薄暗い階段が伸びていた。

仕事の依頼に訪れる人間は、その息苦しい通路を通って 2階にある事務所のドアへたどり着く。
そのまま階段を上れば、仕事用の資料室ともう一部屋ある 3階。
さらにその上にある J の私室と、もう一つ空き部屋がある 4階へと続く。


その日の朝、諛左からの無礼なフォンの後、
シャワーを浴びて適当に身支度を整えた J は私室を出て階下へと向かった。

数段先の左手にある古ぼけた金属性のドアには、薄れかけた手描きの文字で、

   J of all trades  (何でも屋の J )

と記された木の板が無造作に貼り付けられている。
その向こう側に事務所がある。


ドアをくぐった J が事務所に姿を見せると、待ち構えていたように中年の婦人が現れた。

「お早うございます、ミス J 」

「お早う、千代子さん」

「奥に諛左さまがおいでです」

「そう」

「何かお食べになりますか」

「うーん」

J はしばらく考えて自分の胃袋に相談した。
起き抜けは食欲がない。
先程口にした安物のワインが、それに輪をかけている。

「いいや、いらない。代わりにコーヒーを」

「かしこまりました」

ごく丁寧で事務的な動作と共に頷いて婦人はドアの向こうに消えた。


千代子は数年前に J が手がけた仕事がきっかけで知り合った女性だった。
以来このビルの 3階に住み込みで働く勤労婦人である。

彼女がどういう素性の人間なのか、詳細な経歴については雇い主である J ですら知らなかった。

背が高く体格がいい女である。
褐色の髪は、ところどころ白髪が混じり、寄せる年波を感じさせる。
恐らく、50代前半といったところだろうか。
目の色が微妙に青緑がかっているのは、複数の人種の血が混じっているからかもしれない。
姿勢が良いために、黙って立っていれば
歴史の資料に登場する 『大災厄』 前の貴婦人に見えなくもない。



→ ACT 1-11 へ

PR

ニホンから遠く離れた異国の地では、未だ混乱が続いている。

『大災厄』 後、散り散りになった領土の覇権をめぐり、
旧大国と新興国との最初の争いが勃発したのは、今からおよそ500年前。

以来、トーン・ワールド各地で内乱やクーデターが頻発し、
現在も、歴史の暗い部分を引きずっている。

争いを逃れて、より平穏な、たとえばニホンのような国に流出する者。
報酬を求めて、傭兵 -マセナリィ- となる者。
異郷での現実も知らずに、ただ、ただ毎日の生活に追われて生きる者。

散り散りになった破片の世界の中では
人々までもが、ばら撒かれたビーズのようにあちらこちらへ転がり続けている。
収拾がつかないこと極まりない。

それを傍目に、ネオ・セブンは 『大災厄』 前の勢いを取り戻すべく、復興に余念がない。

同じアースの上で起こっている出来事には、温度差があり過ぎる。
今の世の中を構成している、大小様々で不自然なパズルのピース達。

それらが収まるべきところに収まり、
誰にとっても満足できるほどに世界が完成するまでには、
まだまだ時間がかかるのだろう。

J はため息をついた。
窓からの景色は、自分もごく小さなその破片の一つなのだということを
否応なく J に思い知らせるのだ。

J だけではない。
ニホンの片隅で、争いもないが理想もなく生きるダウンエリアの人々には、
どこかしら倦怠が付きまとう。

街がくすんだモノトーンに見えるのは、
きっと住人そのものが色を持たずに燻っているからなのだろう。

しかし。

世の中が千々に乱れようと、人々がどんなに転がり続けようと
K-Z シティはお構いなしに蠢いている。
人々の生み出す倦怠と欲望と虚偽によって。

それが、J の暮らす街だった。


     ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


ダウンエリアの一画。
表通りから一本裏に入った道筋にある4階建の旧いビル。
それが、J の仕事場兼居住スペースである。

この界隈は地価が安いことで知られているが
それでもビルを丸ごと一軒借り切っている人間は、そうはいない。
もっとも、ビル自体の数が少ないのだが。


『何でも屋』 がそれほど実入りのいい仕事なのか、と
他人の懐具合を探る人々も多いが、決してそうではない。
勿論、J が何らかの不正を行った、というわけでもない。

むしろ、当たり前よりも格安の借り賃で偶然手に入れた物件である。

ビルのオーナーによると、何やら 『曰くつき』 の代物だということらしい。
これまでの借主が次々と不幸な事故に見舞われているうちに噂が立ち、
今では誰も手を出そうとしなくなった、とのことだった。

もっとも、どんな 『曰く』 なのかを懸念するほど J の神経は細くはない。
安さだけが価値基準である。
とはいえ、時折滞納することもあるが。

少なくとも、2年前に J が借主となってからは、
建物に巣食う不吉の陰よりも J の強運が上回っているのか
取り立てて不幸と呼べる程の事件は起こっていないので、J 自身は良しとしている。



→ ACT 1-10 へ

J は窓から離れ、重い足取りで部屋の隅へと向かった。
壁に打ち付けられた鏡は古ぼけていて、明かりの少ない部屋の内を一層暗く映し出している。
鏡の前に立った J は、目の前に映る自らの影を見据えた。

J。
彼女の通り名。

本名ではない。
しかし、誰もが彼女を 「 J 」 と呼んでいた。


J が生まれたのはニホンではない。
海を隔てて遠く離れた国である。

しかし、両親のいずれもがニホン人だった。
ゆえに J も、いわゆる 「純粋単一」 と呼ばれるニホン人種であり、
雑然とした今の世の中では、ある意味、稀少とも言える出生であった。

しかし、J 自らはそれを意識したことはない。
血統に価値を見出す者は、無為な研究を続ける人類学者以外にはいない。

そもそも、『純粋』 の基準はどこにあるのか。
歴史上、唯一無二の民族で構成された国など、存在しないのだ。
何代も過去に遡れば全く異なる血と血があり、
それらが複雑に混ざり合って、新たな起源 - origin - となった。

その、どこが純粋なのか?
そう呼ばれるたびに、J の胸中を皮肉な思いが襲う。


    ある時。
    アースと呼ばれる惑星のどこかで、
    「ヒト」 と呼ばれる種族が誕生しました。

唐突に J は、幼い頃に読まされた子供向けの歴史の本に書かれていた文章を思い出した。
それは、国、民族、ヒト、あるいは、そういう類の括りについて、何某かの思いを抱くたびに、
必ず J の頭に浮かぶフレーズだった。

    ヒトは、わずか数千年の間にアースの表面を覆い、
    「国」 という領域を作って
    その中で暮らすことをルールとするようになりました。


そして、今から1000年前のこと。
J が生まれるよりも遥かな昔、突発的で大規模な地殻変動がアースを襲ったのだ。

今では 『大災厄』 と呼ばれているその現象によって、主だった大陸のほとんどは分断された。

その結果、アース上には、
分裂した大陸から、あるいは新しく海底より隆起した地面からなる、大小さまざまなる島が生まれた。
以降、世界は 「トーン・ワールド」 すなわち 「千切れた世界」 と称されるようになった。

一度でも学校に通った者であれば、誰もが知っている事実であり、
一部の歴史学者以外の者にとっては、今更どうでもいい事実だった。
勿論、J にとっても。

1000年前の 『大災厄』 によって、アースの人口数は半減した。
それまで栄華を誇っていた高度な文化・科学水準は、崩壊の一途をたどり
その後、数百年は混乱と迷走の時代が続いたという。

かつての大国はほとんど消失し、『国』 という概念だけが残されたが、それすら曖昧だった。
やがて幾つかの都市が徐々に混乱から脱出し、
トーン・ワールドの新たな中心地として機能し始めた。

それが、七都市を拠点とする新領土 『ネオ・セブン』 である。

ネオ・セブンの一つに、ニホンが名を連ねていることは
そこに住まう者にとって果たして幸運なのだろうか。
J は思う。



→ ACT 1-9 へ

J は机の上で倒れているグラスを起こし、ボトルに残ったワインをしばらく見つめた。

諛左の当てずっぽうは、この際無視するとして、
このワインをグラスに移せば、ちょうど一杯分。

大した量じゃない。
逆に、これだけ残っているのも、なんだか気分が悪い。

別に構わないだろう。
どんな依頼が舞い込んでいるかは知らないが、
たかがワイン一杯で頭のメーターが振り切れるほどヤワな体質じゃない。

そう考えて自分を納得させた J は、
残りのワインをグラスにすべて注ぎ込み、一気に飲み干した。

美味いとも不味いともいえない渋い口当たりに、J の目が少しだけ冴える。
諛左が指摘した通り、この界隈の何処でも手に入る安い代物だ。

グラスを机に戻した J は、灰皿に置いたままの煙草を消して立ち上がり、窓へと向かった。
カーテンを半分だけ引き開けて、外の景色に目を落とす。

薄暗闇に慣れた J の目に朝の光が差しこむ。


日の光は明るいのに、眼下の街は奇妙にくすんでいた。
4階の高さから見下ろす光景は、いつもの通りどこか見覚えのあるものばかりだった。

狭く入り組んだ路地。
その両脇に不規則ゆえの規則性をもって雑然と並んだ家々。
そして、その隙間を蠢く人々。
古ぼけた車。
灰色の町並み。

この辺り一帯はダウンエリアと呼ばれる領域で、
住人のほとんどは中間より下の層、いわば 『やや持たざる者』 たちだった。
スラムほどひどくはないが、満足できるほど豊かな生活とは言えない。
どこか人生を疎む気配が漂っている。

視線を上げると、その先の遥か遠くにはビルの林が見える。
うっすらと靄がかかった空を突き抜けるように、
思い思いの高度を誇って生えそびえる金属の建物達。
センターエリアである。

あの辺りには、
こことは比べ物にならないほど夥しい数の人間たちが生息していることを J は知っている。
建造物の高さは、そこに住む人々の力の象徴だった。
そして、さらに人々の思惑を吸い上げて、
金属的な輝きを放ちながら、より高くそびえていく。

この街を一つの円に例えるなら、
繁栄を見せるセンターエリアこそ街の中心点に他ならない。
そして、外周に近付くにつれて、
エリアと住人のランクは徐々に寂れていく。
まるで同心円を描くように。

センターエリアとダウンエリアが同居する窓からの景色は
朝を迎えるたびに、一枚の絵画のように二つのエリアの違いを見せつけ、
いつも J をうんざりさせた。
選民・非選民という呼び方が許されるのであれば、その縮図はここにある。
生活の差は、まさに絵の中に描かれている通りだった。

J はふと思った。
もう何年前から、ここに住みついているだろう。
平和で凡庸な街ではない。
かといって、凶悪すぎることもない。

ただ人々を疲れさせる街。
世界中のほとんどの街がそうであるように。

それが、ここニホンの K-Z(ケージー)シティだった。



→ ACT 1-8 へ

「あんたの命であたしが楽になるなら本望でしょ」

『冗談言うな。俺の命は俺のもの。
もっとも、俺が楽をするためにお前がカラダを張ってくれる、っていうんなら別だが』

「冗談言うな。あたしのカラダはあたしのモンだ」

『お互い様だな。ワガママ言うんじゃない。とにかく仕事だ。
内容は依頼人が直接話したいそうだ。それまで楽しみにしておけ』

「もったいぶるのは諛左の悪い癖だな。ますます気が乗らない」

『 J (ジェイ)、いい加減にプロになれ』

「お前」ではなく、名前の方で諛左は彼女を呼んだ。
日常茶飯事ともいえるフォン越しの応酬に飽いてきた頃になると、必ずこうだ。
諛左はいつも舌打ちとともに焦れったげな口調で彼女の名を呼ぶのだ。

J、と。

『仕事を運んでくる度にお前に文句を言われるのは飽き飽きなんだよ、J 』

「だったら、そんな生真面目に仕事を持ってこなきゃいい。誰も頼んでないのに」

『残念ながらお前と違って、職にあぶれて路頭をさまよう趣味は俺にはない。
何しろ、腐ってもお前は俺の雇い主だからな』

こちらが言えば、きっちり一言返す男である。

そう、口調も態度も超一流の強気を誇るこの男は、実は彼女 - J - の被雇用者であり、
J はそのボスということになる。

だが。

自分を雇い主だというのなら、少しは雇用人らしい態度を取れ。
そう言いたいところを J は辛うじて我慢した。
この数年間、諛左と話すたびに自分の忍耐の上限が増えていくのを実感する J である。

『俺は事務所にいるから』

「お早いことで」

『お前が遅いだけだ。遅れるなよ。11時だ。伝えたからな』

唐突にフォンが切れる。

再び戻ってきた静けさの中で、J は暫くの間毛布にくるまりながらぼんやりとしていた。
モーニング・コールと呼ぶには程遠く、
温かみのない諛左の声に部屋の空気までもが寒々としている。

ようやく J は上体を起こした。
光を通さないカーテンに染まった薄暗い部屋と、その中をゆっくりと泳ぐ煙草の煙が視界に映る。

9時半?
J は心の中で舌打ちをした。

なんてケンコー的な時間。
ケンコー的すぎる。
冗談じゃない。

声に出さずに毒づきながらも J はソファーから足をすべり落とし、どうにか姿勢を保った。

諛左に言われるまでもなく、最近の J はベッドの上で眠った試しがない。
正確に言えば、ベッドでは眠れなくなってきているのだ。

やわらかいシーツの感触に包まれていると、
そのまま永遠に目が覚めなくなりそうで、どうも馴染まない。
気分は羽毛付きの棺桶だ。



→ ACT 1-7 へ

彼女は諛左の声に顔をしかめ、ワインの瓶を無造作に机の上に置いた。

産地まで当てるか、普通?
言い当てられたバツの悪さを無視して、彼女は心の中で文句を言った。

それとも、実は部屋のどこかにカメラが隠されていて、
それを通じて諛左がまるで神のようにすべてを見透かしているのではないか。

彼女は寝返りを打って横向きになると、側のテーブルに置いた煙草の箱を探った。
中から一本抜き取って、これも手探りで探し当てたライターから火を点ける。

「……で、どういう依頼よ?」

諛左の正論に納得したわけではないが、否定できる理由もない。
彼女は投げやりな調子で尋ねた。

「言っとくけど 『この前の依頼』 みたいにヤバイのはお断りだよ」


彼女は街で小さな事務所を開き、いわゆる 『何でも屋』 を生業としていた。
問われれば、彼女はそう答えることにしている。
いかにも胡散臭い仕事だが、内容と対価を選り好みしなければ依頼は頻繁にあった。

諛左は彼女のパートナーであり、時にはマネージメントもこなす。
仕事の依頼をどこからともなく探してくるのは、諛左の役割の一つだった。

しかし、諛左を通した仕事にはロクなものがない、と彼女は信じている。

『この前の依頼』 もそうだった。
彼女は煙草の煙を目で追いながら、記憶を辿った。


それは、諛左の言うところでは 『単なる身辺調査』 という仕事だった。

いざ取りかかってみると、それどころではなかった。
調査する対象人物も含め、依頼人までもが刑法に忠実とはいえない連中で
彼女はかなりの暴力沙汰を強いられた。

しかも最悪なことに、
彼女が調査を始めた頃を狙ったかのように警察が連中に目をつけた。

挙句の果てには、巻き込まれた形の彼女までが
危うく逮捕・拘留の憂き目を見るハメになったのである。


「どうせ動くのはアタシだからって、諛左はいつもムチャな仕事を持ってくる」
彼女は灰皿を引き寄せた。
「まったく、あの依頼ときたら……」

『まだそんな前のこと言ってるのか。しつこいな。過ぎたことだろう』

「アタシは根に持つタイプなの。そういうのは、もうゴメンだって言いたいの。
あ、それから、必要以上に労力を使うメンドーな仕事もパス」

『お前から労力を取ったら、何が残るんだ?』

「……」

『そもそも、労力なんて言葉は、それなりの働きを見せている人間が使うもんだ』

言い切ったな、この野郎。
彼女は指先で煙草の灰をポンと落とした。

だが、実際のところ、『労力を惜しむこと』 を惜しまない彼女としては
諛左の言葉を否定できない。

辛辣さを伴う諛左との口論に、彼女が勝てたことは数えるほどしかないのだ。

「……あたしの労力不足は、この際、置いとくとして、だね。
もしも厄介なヤマだったら、あんたにもそれなりに働いてもらうから、それだけは覚悟しな」

『そりゃこっちがゴメンだな。
お前の人使いの荒さは筋金入りだ。こっちの命まで削り取られてしまう』

小馬鹿にしたような諛左の声が、彼女の耳に不愉快さを届けた。



→ ACT 1-6 へ

プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]