忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大変なことになっています。

東北で大地震が起こり、夕方からずっと報道が続いています。
マグニチュード8.8。
なんでも国内では最大級の規模だとか。

ほぼ日本全土の沿岸に津波警報や注意報が出ています。

怖い。
地震というのは、本当に怖いです。
ヒトの力ではどうにもならない、という恐ろしさがあります。

今の時点で、かなり大勢の方がお亡くなりになっていますが
行方不明の方もそれ以上で、救助しようにもできない状況だそうです。
報道の中で
「200から300の遺体が発見された」 という、とてつもなくショッキングな一言が
頭の中から離れません。

余震や津波の心配だけでなく、火事や土砂崩れなどの二次災害の被害も大きいようで
なによりも原子力発電所にも影響が出ているというのが、怖い。

たった今
放射性物質が外部に放出される可能性もある、という報道がありました。
石川県にも原発があるし、もしここで同じような地震が起こったら……
もう、想像するだけでも恐ろしくなってきます。

でも、遠く離れた場所にいるワタシでさえ、こんなに怖いんだから、
現地の方々のことを思うと、いたたまれなくなってきます。
想像どころじゃない、現実の恐ろしさに直面しているんですから。

東北・関東には友人もいるし、心配で心配でたまりません。
電話もなかなか通じないし。

まだまだ余震が続く恐れがあるというし、
少しでも早くおさまってくれれば……と思わずにはいられません。
PR
さて、減塩。

いや、違う。
塩ではなくて。

そりゃ、塩分の取り過ぎにも気をつけなきゃいけない年頃だけども。

今は、塩ではなく、煙の方のハナシ。

昨年は1週間で1カートンというペースでタバコを消費していましたが、
現在は1カートンで3週間ももつようになりました。

ワタシ的には快挙です、快挙。
なんたって、3分の1のペースまで落とすことができましたから。

タバコだって安くない。
どんどん値上がりしやがって、
ワタシの吸ってるピアニッシモ・ペティルも、今では1カートン4400円。
浪費といわれても仕方がないお値段。

でも、このまま減らし続けて、
1ヶ月で1カートン、次は2ヶ月で、そして3ヶ月で……と減煙ペースを上げていけば、
最終的には禁煙できるのではないか、とスイートな未来予想図を描いています。


でも、ここで問題がひとつ。

……太りました。

年末に比べて、明らかに2、3kg太ってます。

オー・マイ・ガッ。
これはちょっと予想外。

でも、よく考えてみれば、
タバコを吸う回数は減ったけど、その分なにやら口寂しくなってしまって
それを紛らわせるために、ついつい間食をする回数が増えてしまったのは事実。
心なしか、毎回のゴハンの量も以前に比べて増えたような気もするし。
しかも、運動量は少ないし。

うーん、減煙の代償が、こんなカタチで現れるとは。
不覚。
ウカウカしてると、もう2、3kgなんて、アッという間に増えそうな気がします。

これからは、タバコの量だけでなく食物摂取量まで気にしないといけない、ということですか。
ああ、厄介。


ちなみに、最近ツボにはまったトモダチの台詞。

『近頃ね、イージー・パンツがイージーじゃなくなってきたの……』

こ、これは、悲しい。かなり悲しい。
大笑いしたけどさ。

いやいや、油断してるとワタシだって。
要注意。
ここしばらく暖かい天気が続いているので、とてもウレシイ。
2月ももう終わりだし、そろそろ春か?

街中では、この陽気や時々降る雨のせいで、すっかり雪の姿も見られなくなったけど、
あるトコロには、まだまだある。



こんなふうに、今でもしっかり積もってます。
30cmくらい?

この前は海に行ったので、今回はちょっと山の方へドライブに行ってみました。
その時に見た光景。
絵に描いたような、冬の里山です。




田んぼの雪の上には、何かの足跡。
ヒトにしては軽いし、犬にしては歩幅が狭いような。
なんのケモノでしょう。




晴れた空では飛行機雲が、




ゆるゆると林の木の向こうへ。
空を二分するかのように、細長い白い帯が小気味いいほど伸びてました。

もっと向こうの遠い空に見えたのは、



白山さま。
まあ、なんて優美なお姿なんでしょうか。
霊峰と呼ばれるのも、頷けます。




どこの子どもが作ったのやら。
ぽつんと1人で寂しそうな、
でも、どこかまったりノンビリしているようにも見えて、愛らしい雪だるま。


こんな光景を見ることができるのも冬だからこそ。
寒いし、雪が鬱陶しいし、冬なんてあまりいいコトないぞ、と思いつつ、
やっぱりこんな穏やかな冬の日も悪くないかも、という気になります。

ちょっとした雪さんぽでした。
ここしばらく天気がタイヘンおよろしい。
それで、どうにも外に出たくて出たくてたまらず、ぶらりと海まで行ってみた。

なにしろ、



これモンの天気。
いかにも紫外線たっぷりの日差しがまぶしいくらいです。

日差しを受けて、



波もキラキラ。
バカップルが 「待てよー」「ふふふ、つかまえてごらんなさーい」 とか言いながら
浜辺で追っかけっこをやっててもオカシクナイ、そんな感じ。
もちろん、そんなバカップルはいなかったが。


でも、少し沖のほうに目をやれば



なかなイキオイのある波が寄せては返し、海鳴りもハンパない。
さすが冬の日本海。
この猛々しさが、またなんともオモシロイ。
砕けて散って、砕けて散って、それでもイキオイが止まらない、
そんな波を見ているだけで、ちょっと心が騒ぎます。


砂浜には、





貝殻がたくさん落ちてます。
ほかにも、



石ころとか。
波に引き寄せられた石が、砂浜を移動してできた跡が見えます。
決して、石ころ自身が自分で歩いたワケではない。たぶん。




小さな子どもの足跡も、みっけ。
ただ、なぜかこの一歩分しか見当たらなかった。
他は?


さて、漂流物やらゴミやら何やらで、けっこう賑わっている砂浜。
どんなモノが落ちているのか、ちょっとウロウロしてみた。



ちょっと古いタイプのハンドバック。
誰かが落としたのか、それとも捨てられたのか、流れ着いたのかは分からないけど、
やたら存在を主張していた。
いつからここにあるんだろう。




落し物……?
忘れ物……?
というには、あまりにも新鮮そうな柑橘系。
キズもないし、腐ってる感じでもない。
ついさっきまで店で売られていたかのような。みずみずしくさえ、ある。
うらぶれた冬の砂浜では、ミョーに異質な光景。








日常生活とは関係ない、明らかな漂流物も。
用途不明だけど、たぶん船関係のものでしょう。
描かれてる文字が、この日本海の向こうにある遠いようで近い国を思い出させます。




…………ダイコン?
……なんで?
しかも、半分?

流れ着いたモノではなさそうだけど、かといって、砂浜に落とすようなモノでもないと思う。
捨てるにしても、わざわざ海に持ってくるモノかね?

ナゾすぎるぞ、ダイコン。


まあ、他にもいろいろなものがたくさん見つかったけど、
とりあえず、紹介はここまで。

たまには、ぶらぶら浜辺をおさんぽするのもオモシロイ。

最後に、



知らない誰かの足跡。
なぜ、この一歩だけ、異常に深い?

これも、ナゾ。
今年もこの日がやってきた。
そう、誕生日。ウン十ウン回目の。

さすがにこの年になると、「誕生日おめでとう」 という台詞はナンだかとっても鼻につく。
確かに記念日かもしれないけど、めでたくなないし、嬉しくもない。
「ああ、またひとつオトナになり過ぎていくなあ」 という実感だけ。
トモダチ呼んでお誕生会なんかやってたあの頃が、悲しくも懐かしい、そんなビミョーなお年頃です。

そう言いながらも、プレゼントだけはすんなり受け付けてしまうところが、またなんとも。
だって、モノには罪はありませんから、ハイ。

というわけで、トモダチからバースデープレゼントとして、なぜかローソクをもらいました。


「なぜ、たんじょーびにローソクか」

「それはだね、ローソクに火をつけるだろ? すると、どんどん燃えて短くなっていくだろ?」

「なるね」

「人生もね、それと同じでね、消耗して消耗して、どんどん残りが短くなっていくだけだから
そういうことをね、ちゃんと自覚してね、
残り少ない人生をだね、充実したものにしてもらおうという、深い含蓄があってだね」

「……ちょっと待て。ワタシの人生はそんなに残り少ないのか?」

「10代の頃に比べたら、確実に少なくなってるでしょうが」

「あー、そういう計算ね……」

「まあ、ともかく、そういうことだから、時々このローソクに火を灯して、
ああ、自分はもうトシなんだ、もう若くはないんだ、
吹けば飛ぶよな、このローソクの火と同じなんだ、
がむしゃらに階段上ると息切れがするカラダなんだ、ということをね、しっかりとね……」


……と、ここまで言われた時点で、
相手になかなか強烈な蹴りを入れてしまったワタシは間違っているのでしょうか。
それとも、この心温まるプレゼントに感謝して、
素直に 「わー、うれしー、ありがとねー」 とか言えばよかったんでしょうか。

まだ、そこまで息切れしてないやい。
というか、1歳しか違わないヤツに、そんなこと言われたかないやい。

ちなみに、



これが、そのローソク。
ローソク自体は、なかなかオシャレで悪くないんですけどねえ。
なんでも、ちょっと有名な県内の和ろうそく屋さんで買ったとか。
まあ、ローソク立てまでつけていただいて、心配りのできるヒトですこと。
でも、そこまで心を配れるんなら、言い方を考えろ。
そして、ワタシだけ年寄り扱いするなー。

そっちがローソクなら、お前の誕生日には線香をプレゼントしてやる。
もちろん、仏事用の細くて緑色のヤツだ。
それに火を灯して、だんだん灰になっていく様子をとことん憂うがいい。


久しぶりに撮ったお月様ですが、
うっすら雲がかかっているので、イマイチぼんやり。
いつもならハッキリ写るクレーター跡のデコボコも見えません。

でも、満月です。
明るいところと暗いところが、相変わらずの表情を作ってます。

久しぶりだから、もっとキレイに撮ってあげたかったんですが……。
まあ、今回は控えめに。

とりあえず明日は、晴れそうです。
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]