忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新年早々、我が家の庭に来訪者。
 


 
赤いほっぺがステキなヒヨドリくん。
確か、去年の1月頃にもやってきて、この赤いサンザシの実をついばんでいたけど、
どうやら同じヤツらしい。
 
相変わらず、ウチの庭はトリの餌場になっているようで。
雪が降っているというのに、ご苦労なこと。

 
かと思うと、どうやら餌場のテリトリーは去年よりも広がっているらしく、
 
 
近所のヒトがやってる畑付近でもウロウロ。
 
そして、

 
キャベツ泥棒、発見。
ついばんでる、ついばんでる。
 
でも、食糧事情が厳しい冬だし、ま、いっか?
PR
……というまに、2011年です。
明けましておめでとうございます。
今年もまた、気分気分でブログをつづっていくことと思いますので
御用とお急ぎでない方は、また覗いてみてやってくださいませ。
 
 
こちらの三が日は比較的穏やかな天気が続いて、
雪もさほど降らず、年末に降り積もった雪がじわじわと解けていく、
そんな感じの日和でございます。
 
 
さて。
北陸人を毎年悩ませる、そんな鬱陶しい雪も、


 
太陽の光が当たるとなかなかキレイ。
グラニュー糖なみのキラメキです。
これがホントにグラニュー糖なら、かき集めて一儲けするんだが。
 
 

屋根の上の段々雪や、
 
 

 
刈り取り後の田んぼに積もる雪にすら、表情があって
見てるとなかなかオモシロイ。
シマシマだったり、穴ぼこだらけだったり。
 
そして
 

雪の間から見えてる刈り残しの稲穂に、今年初めてスズメの姿、見っけ。
冬はエサが少なくなるから、鳥たちも一生懸命。
 
そして、スズメが1羽いる場所には、
 

 
他のヤツラもやってくる。
相変わらずの集団行動。ホント仲いーな、コイツら。
この日は天気がよかったから、スズメたちもとりわけ元気。
 
こんな日は、よそんちの雨どいから落ちる雫すら、
 

 
太陽の光を受けてキレイに輝いて見える、そんな新年です。
 
 
さてさて。
今年もこんなふうに、スズメを撮り、花を撮り、月を撮り、
その時その時に興味を持ったあれやこれやを写真に残したり、文章に書いたりして
一年を穏やかに過ごしていきたいなあ、と思います。
 
仕事の時は、別として。
 
 
なにはともあれ、皆様にとっても 2011年がよい年でありますよーに。
 
ずいぶん長いこと更新してませんでしたが、いよいよ年末です。
気がつけば、家の周りは雪だらけ。雪すかしの季節到来です。

3日後には、2011年。ホントに早いっす。

ブログには書いてませんが、
ここしばらくの間、結構いろいろなことがありまして。


たとえば、
嫁にいった姉から、突然マンマに 「別れるから実家に帰る!」 と電話があり、
マンマが軽くパニクって、「こんなとき、親としてどうすればいい?」 とワタシに聞いてきたり。
いや、ワタシ、娘だし。親じゃないし。親はアナタだし。

姉というヒトは、わりとちょっとしたことでヒステリックになる性質なので
たぶん今回も、ささいなケンカから始まって、イキオイで 「別れちゃる!」 と思ったんだろうし、
「ほっとけばいーんじゃないの? いいオトナなんだから」 とマンマに言うと
「お前は冷たい! たった1人の姉のことなのに!」 とヒナンされ、
逆にマンマとワタシがちょっと険悪に。

数十分後、姉からまたマンマへ 「まあ、今回はガマンして、別れるの止めるわ」 と電話が。
こんなすぐに前言撤回するなら、最初から 「別れる」 とかゆーなっ。
……とまあ、こんなお騒がせなことがあったり。


また、たとえば、
この前あった忘年会で、久しぶりに記憶をなくし、
後で聞くと、その失った記憶の時間の中で、ワタシはなにやらスゴイ発言をしたようで
でも、何を言ったのかまったく思い出せず、同席してたトモダチも教えてくれず
あれから数日たった今も、「何を言ったんだろう……」 とビビっている、そんな状況だったり。
シラフだったら絶対言わないコトらしいけど、
いったい何を口走ってしまったのか……。


まあ、とにかく
他にもこまかいことがいろいろあり、
それをいちいちブログに書く気力もなかった、そんな12月でしたが、
とりあえず、これが今年最後の更新になると思います。

今年は、仕事でいろいろな人に出会い、
仕事の合間にいろいろなところへ行き、
いろいろな写真を撮り、
いろいろな本を読み、
いろいろな文章を書き、
まあ、ぶっちゃけ、去年と同じような、
でも去年よりほんの少しだけ実がある年を過ごしたような気がします。

今年一年、こんなダラダラしたブログを読んでくださった方には、本当に感謝です。
来年も、きっとダラダラ書き綴っていくと思いますが、
懲りずに目を通していただければ、これ幸い。


ということで、ちょっと早いけど
皆様、よいお年をお迎えください。
また来年、お会いしましょう。


おっと、ここで抱負をひとつ。

来年こそは、禁煙へ向けて根性入れるぞー。
ついこの前、「もう11月です」 とかゆってたのに、今はもう 12月です。
日が過ぎるのは、ホントに早いものです。
泣いても笑っても、「今年」 と呼べる時間はあと1ヶ月もなくなりました。

お天気のほうも、最近ではすっかり冬めいて、
カミナリも鳴っていたから、もうすぐ雪の季節がやってくることでしょう。
やだなあ。


と、そんな重苦しい冬を迎える前に、
おそらく今年最後になるだろうと思い、先日、久しぶりの公園散策に行ってきました。

その日は、近頃マレに見るほどの好天気。
なんたって、



これモンの天気です。
まあ元気のよい日差しったらない、絶好の散策日和。






くっきりハッキリ地面に伸びてる木の影までが、なんかミョーにイキイキして見えました。

でも、そんなうららかな冬の公園ですが、
入り口には、



こんな不穏な貼紙が。

そーかー、今頃の季節は冬眠前のクマがエサを求めて里の近くをウロウロしてるのね。
この公園も、夕方以降は翌朝まで立ち入り禁止。
自然が多いロケーションは、癒しの場でもある反面、こういう危険もあるのです。


さて、公園の中はといえば、
すっかり紅葉のピークは過ぎていて、



足元に落ちてる枯れ葉が、かろうじて秋の名残をとどめてました。




赤い葉を残してガンバっている数少ない木も、
ひとたび強い風が吹いたら、あっという間に吹き飛びそうなほどカラッカラの葉っぱだらけ。
うーん、やっぱり冬なんだなあ。

そんな中で、



どーだ、と言わんばかりに、ひときわ背の高いメタセコイヤの葉っぱが、
見事なまでに色づいて、他の常緑樹を圧倒してました。
紅葉というほどの鮮やかな色ではないけれど、薄オレンジ色のやさしい色味。
でも、背高さんだから、目立つ目立つ。




園内の道は、落ち葉だらけ。
でも、枯れているはずの葉っぱに日光が反射して見えて、
なるほど、枯葉も輝くことがあるのだなあ、と思ってみたり。




でっかいゲジゲジーっ。
ではなく、これも落ち葉。

周囲をよく見たら、



ゲジゲジだらけーっ。
落ち葉だとわかっているのに、
「これがもし、本物の巨大ゲジゲジで、コイツらがいっせいに動き出したらどーしよー」 と
想像しなくてもいいコトを想像してしまい、
ムダにゾッとして、その場を足早に立ち去ったり。




オレたち、もんのすごいガンバって上を目指してます……といわんばかりに
懸命に上に伸びようとしている木の枝。
相当な向上心あり、と見た。
でも、上ばかり見てると、ツライぞう。

と思いつつ、そんな枝につられて上を見上げれば、



見事に葉が落ちた枝のバックに、これまた見事な青い空。
今度、こんな晴れ空を目にすることができるのは、いつのことやら。


まあ、時期が時期なので、大して見るべきものはないかなー、と
タカをくくって訪れた公園でしたが、
この季節ならではの木々の表情をうかがうこともできたので、マルとしましょう。
ベーコンエッグを作ろうと思って、タマゴを割ったら



2つともフタゴ卵で、ちょっとビックリ。

日常の中の、ささやかなラッキー。


ちなみに、
我が家ではベーコンエッグおよびハムエッグは四角く作る、
そんな家風です。
なぜなら、トーストに乗せやすいからー。
いつものコンビニにタバコを買いに行ったときのこと。
 
 
レジには、新人っぽいスタッフの男の子が一人。
ワタシがレジに向かうと 「ハイ、いらっしゃいませー」 と一言。
 
それを聞いて、ちょっとビックリしたワタシ。
 
いや、言い方が乱暴だったとか、無愛想だったとか、そーゆーことではなくて。
 
その声が、最近テレビでよく見かける、おネエ・タレントの楽しんごにソツクリ。
いや、クリソツ。
いやいや、ソックリ。
どれでもいいけど。
 
そうです、あの乙女キャラ全開の、人気の整体師でもある、楽しんご。
 
その楽しんごに、とにかく、声がよく似てる。
いや、似てるなんてモンじゃない。
あの高い声のトーンも喋り方も、まるっと同じ。
顔はフツーの男の子で、メガネをかけたマジメそうな感じなのに、
声とのギャップに、思わず顔を二度見してしまった。
 
 
内心ちょっと動揺しながらも、タバコのカートンを注文すると、
「ハイ、少々お待ちくださーい」 と、例の声で言って、
サササッと小走りに近い歩き方で裏の部屋へ。
 
その歩き方が……おいおいおい、内股になっている。
 
そして、「お待たせしましたあ」 とカートンを持って戻ってきたときも……
やっぱり内股なのである。
 
 
キミは、そうなのか?
楽しんごと同じ感じの人なのか?
 
それとも、そうじゃないにしろ、
何らかの理由で楽しんごをリスペクトしてる人なのか?

それとも、モノマネか?
似すぎてるモノマネなのか?
 
でも、声はともかくとして、
小走りするとき、脇をしめて肩を揺らしながら小さく腕を振るのは
男の子の走るポーズとして、どーなんだろうか。
 
キミは気づいてないかもしれないけど、
それは女性によくある走り方だね、うん。
でも、キミ、女性じゃないよね。
どっからどう見ても、男の子だよね、うん。

やっぱり、楽しんご系のヒトなのか?
そうなのか?
お姉さんは特にそういうヒトに偏見はないから、どちらでもいーんだけどね。
ちょっと確認したいだけなんだけどね。
 
 
……とツッコミたくなるのをガマンしながらも、
その声で 「たのし・ん・ごっ」 とか、「やっちんちん」 とか
ゆってみてほしいなあ、と思うワタシに
お釣りをくれるその手つきも、うーん、ソフトタッチ。
小指を立てて、小銭をつまむように手渡してくれるコンビニ店員を、ワタシは初めて見た。
 
うーん、なんとなくオドオドした雰囲気なのに、なかなかインパクトのあるキャラだ。
 
 
その後、平静なカオをして店を出たワタシの後ろから
「ありがとうございましたあ。またお越しくださいませえ」 と、例の声が。
 
もちろん、また来るよ、しんごもどきくん。
カートンが尽きたときに、また会おう。

でも、そこまで語尾をのばさなくていーからね、うん。
 
 
なかなか印象的な出会いがあった、そんな今日でした。
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]