忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「……では、婚礼の縁を結ぶ証しとして、ここにタウケーン王子よりサフィラ様への贈物を預かって参りました。何とぞお受け下さいますよう……」

口上の言葉と共にフィランデの使者がサフィラへと恭しく差し出した、美しい装飾を施した小箱の中身が人々の目にさらされるや否や、周囲より感嘆のどよめきが幾重にも沸き上がった。

サフィラ自身、これ程見事な銀星玉をかつて見たことがなかった。華奢な銀細工からなる首飾りとイヤリングに、眩い白銀の光を放つ大粒の宝石が三粒しつらえられている。
サフィラにとってはもともと嬉しい筈もない贈物ではあったが、何とも品の良い細工は悔しい程にサフィラの趣味に合っていた。

喜んで受け取る積もりはさらさら無いけれども、貰えるものは取り敢えず貰っておけばいい。
サフィラは考えた。いずれ役に立つかもしれない。

「ご厚情いたみいります。このように見事な宝物はついぞ目にしたことがございません。有り難くお受け致しますと共に、タウケーン王子の広きお心に感謝の念をお返し致します。御使者殿にも重畳に」

歯が浮くとはこういう文句のことを言うのだろうか、などと密かに胸の内で自分が今言った言葉に半ば呆れながら、サフィラは目の前に跪く使者へ儀式用の微笑を向けた。

何しろ簡略な婚約の儀とはいえ、両脇には緊張顔の父王と母后が、今にもサフィラが『結婚やーめた』と言い出すのではないかと気をもんでいる。取り敢えずは無難にこなしておいた方が後々の為には得策だろう。

サフィラの言葉に使者は更に深く頭を下げて、これもまた何処かで聞いたようなお決まりの台詞を口にする。

「勿体なき御言葉、一介の家臣の身には余る光栄でございます。位低き者ではございますが、この度の御婚礼に改めて御祝いの心を添えさせて頂きたいと思います」

「有り難く受け取りましょう。この度のお役目、本当に御苦労でした。後はこの城で心行くまで旅の疲れを癒されるよう計らいましょう。我がヴェサニールの貴賓として貴方を歓迎致します」

「温かいお心遣い、ただただ感謝致しますのみでございます」

「誰か、御使者殿をお部屋に案内を」

サフィラと使者の化かし合いにも似たやりとりが終わると二人の侍女が進み出て一礼し、一人は使者の先に、もう一人は後に続いて 『王の間』 の出口に向かおうとした。
使者は丁寧すぎる程の礼を三度、王と王妃に、そして取り分け気を配った仕種でサフィラに腰を屈めると、ゆっくりとした足取りで 『王の間』 を後にした。

それにしても、いちいち動作振る舞いが大仰な使者だった。
サフィラは一息付いて首を回しながらぼんやりと思った。
慇懃なまでの礼儀と軽薄な物腰。
話によると王子直属の家臣らしい。
まだ見ぬ婚約者であるタウケーン王子の人柄は、サフィラの耳にも色々な噂として届いていた。半分はどうでもいい噂、そして残り半分は余り芳しくない噂である。
主人が軽いと仕える人間もそうなんだろうか。

サフィラの物思いはいざ知らず、王はその場に控える臣家の者達に、限り無き満足の笑みを向けて玉座を立ち上がった。

「皆の者、御苦労であった。正式な婚約の儀も無事終えた。後は式の準備を滞りなく整えることじゃ。あと四日。不備な点は残っておらぬか、今一度確かめよ。我が娘の晴れの舞台じゃ。粗相があってはならぬぞ」

「心得ております」

額に 『忠義一筋』 という文字を額に記した老侍従のクェイトが畏まる。

「我ら一同、サフィラ様の為ならば命をもなげうつ覚悟でございます」

「そうまでしてもらわないと結婚も出来んのか、私は」 憮然としながらサフィラが呟く。

その呟きすら耳に入らぬ上機嫌で、王は皆に退出を告げた。それぞれに一礼して 『王の間』 を去る家臣を見送り、最後の一人に続いて王妃が退出し、後に残されたのは王とサフィラのみになった。
やにわに王はサフィラに近付いた。その顔は紅潮して笑み崩れている。

「サフィラよ、今日こそお前が本当に結婚するのを承諾してくれたのだと骨身にしみたぞ」

「父上、『骨身にしみる』 というのは、たいていの場合、非常に懲りた時に使う言葉では」

「いや、実を言うと、今までのところ、いつお前が思い余って城を瓦礫の山に変えてしまわぬかと、それはもう心配で心配で、使者殿の言葉も初めのうちは耳に入っておらなんだわ」

「父上、これから花嫁になろうとする娘にかける言葉ではないような気がします」

「それにしてもお前、ドレスを着ると見違えたぞ。これがあの男にしか見えなかったサフィラかと思うと、まあ化けたというか何というか、本当に女だったとは」

「父上、その言葉は娘相手だとしても失礼です」

「とにかく、これで何の憂い事もなくなった。思い残す事はない。うんうん。後はお前が立派に巣立って行くのを見届けるだけじゃ。ああ、思えば后と二人、この日が来るのをどんなに待ち望んだことか。大切な一人娘が日がな一日魔道に明け暮れ、怪しげな書を読み漁り……」

「あ、わたくし、この後、踊りの稽古があるのを忘れていました。では……」

黙って聞いていれば延々続きそうな父王の繰言を後ろ髪で聞き流し、サフィラはそそくさと王の間を退出した。
家臣が辺りにいないことをいいことに、着ているドレスの裾にもかまわず大股で自分の部屋へと急ぎながら、サフィラはこの一月足らずの間に自らに課せられた涙ぐましいまでの忍耐と努力について思いをはせていた。

今、身に付けているようなヒラヒラしたドレスも、半月前まではついぞ着慣れなかったが、今では漸く裾を踏まずに淑やかに歩けるようになった。大国の都で流行中とやらの最新の踊りのステップも、練習相手の若い家臣の足を何度か踏み倒した後にようやく覚えた。言葉遣い、立ち居振る舞い、肌と髪の手入れ、不作法にならない会話の数々、食事の作法、爪の磨き方、エトセトラ、エトセトラ……。
一体、何度 『いい加減にしてくれっ』 と叫びたいのを堪えたことだろう。
自分を褒めてやりたいくらいだった。

世の中の王女に生まれ付いた人間は全て、こんな面倒な生活を淡々とこなしているんだろうか。サフィラは知らずため息をついた。

だが、いよいよだ。
やけに物分かりが良い優秀な王女を演じる期限切れは、もうすぐそこまできている。あと四日。

サフィラは一つの企みを心の内に抱いていた。だが、それを決して人には悟られないように、あくまで平静を装い、両親、家臣の油断を招くまでに大人しく振る舞っていた。


          → 第三章・悪巧み 2 へ
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]