忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


マティロウサ手ずから煎じた薬草茶の心地好い刺激香は、サフィラを幾分か落ち着かせるのに役立った。一度に飲み切るには少し熱すぎたがサフィラは構わず一気に喉の奥へと流し込む。既に二杯目、喉の奥が火傷しそうだったが、かえってそれが快かった。

マティロウサが気遣わしげに尋ねる。

「どうだい、少しは楽になったかい?」

「うん……さっきよりは」

自分が一体どうなったのかをサフィラはよく覚えていなかった。
サリナスの家に居た筈の自分がいつの間にやら魔女の家の薄暗い部屋の中に身を横たえていたことも、自分では理由が思い付かなかった。

「詩の話をしていたのは覚えているか? ほら、あのマティロウサに借りてあった古文書の……」

一杯目の薬草茶を飲んでいる時にサリナスが話してくれた。思いがけぬ大魔法使いの老シヴィを目の当たりにすることが出来て、この若い魔道騎士は少々うわの空気味ではあったが、それでもサフィラの身を案ずることは忘れなかった。

「あの詩を読んでいる時、お前真っ青な顔をしているのに気づいた。声をかけようとしたら急に気を失ったんだ。いや、気を失ったというよりも、体から魂が抜け出てしまったような、そんな感じだった。何しろ意識は戻らない、体は死人のように次第に冷えていく、という具合だったからな。それでマティロウサの所へ運んだんだ。本当に死んだのかと思ったんだぞ、俺は」

「勝手に人を殺すな」 サフィラは苦しげに笑って答えたものだった。

今でこそかなり回復してはいるが、目覚めた直後にサフィラが感じた疲労と苦痛は、実にこのまま死出への旅に赴いた方がまだ楽なのではないかと思わせるほどにサフィラを苛なんだ。
見えない手に心臓をきつく掴まれ、喉を締められ、口を塞がれているような圧迫感を全身に受け、マティロウサやサリナスにすらどうすることも出来なかった。

「自分の能力以上の魔道を行って危うく死にかけた魔道騎士を今まで何人か見たことがあるけれども、まるでそれに劣らぬような力の消耗ぶりだね」 マティロウサは言った。
「落ち着いたみたいだけど、何でこうなったのか自分で分かるかい?」

マティロウサの問いに、サフィラは薬草茶の入った茶碗に両手を回して温もりに触れていたが、やがてぽつりぽつりと語り出した。

「……よく分からない。ただ……あれは全て夢だったのだな。あの光も、あの人も。全て夢……。あの詩の中に密かに記された呪文の韻律が夢を、悪夢を呼んだんだろうか」

「どんな夢を……見なすったかね?」

枯葉の声で老シヴィが尋ねる。サフィラは老シヴィの瞳をじっと見返した。

「どんな夢かは貴方の方がよくご存じだという気がする。何故だろう」

老シヴィは何も言わない。
サフィラは言葉を続ける。

「先程ここで見た幻視が、今度ははっきりと形を取った。ある物に。それは凶々しく鮮烈で、しかも忌まわしいまでに美しかった。見てはならぬと強く自分に言い聞かせながらも私はそれから目を離すことが出来なかった。まるで『魔』に魅入られた無力な人間のように」 サフィラは老シヴィを見た。
「あれは、水晶のようだった」

その言葉に、マティロウサは体をびくりと震わせた。それに気づいたサフィラは問うような視線を投げかけたが、魔女は口を閉ざしたままだ。

「あれは危険だ。何故かは知らないがそんな気がする。何かが私にそう言っているのだ。そもそも老シヴィよ、あれは一体何なのだ? 何故私に反応し、私を苦しめる? まるで私を嘲笑っているかのような、あの幻は一体何なのだ? 貴方は知っているんだろう、老シヴィ。マティロウサでもいい、あの古詩は何を意味する?あの詩が予見だとすれば、それは私にどう関わってくる?」

サフィラの口調は冷静であった。
しかし、その裏にはその冷静さと同じくらいの重さの激しさが隠れていた。

老魔女は眉根を寄せて苦しげな憂悶をその面に浮かべ、助けを求めるように老シヴィを見た。
老いた魔法使いはじっと目を閉じ、口も開かず、ただ杖に身を預けて物思いに耽っている。しばし沈黙が部屋の空気を支配した。



          → 第二章・兆候 19 へ

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]