忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっとスズメのヒナが撮れました。

やっぱり親スズメよりも胸元が白くて、ほわほわしていて、
めっちゃカワイイです。


それはともかく。

今日書きたかったのは、かわいいスズメのことではなく。


先日のこと。

アパートの部屋の外から、鳴き騒ぐスズメたちの声が聞こえてきて
その鳴き声が尋常ではないほどウルサイかったので、
何事よ、と思い、窓の外を覗いてみた。

騒ぐスズメたち以外に、特に変わった様子もなく、
またいつものスズメたちの縄張り争いかよ、と思いつつ、
ふと、足元に目を落としてみると、
 

ヘビ、キターッッッッ!

というより、ヘビ、イターッッッッ!


私の部屋のベランダ真下に、
要するに、私の足の下10㎝ぐらいのところに、
ヘビの下半身がーーー!

なるほど、「ギャーッ」と叫びたい気持ちとは、こういうことを言うのか、と。


ワタシは、特にヘビがキライということはないけど、
それでもさすがに、いきなり足元に思いがけずヘビがいたら、そりゃ驚きますさ。

このアパートは結構長い間住んでいるけど、
まあ、確かに郊外ではあっても、ヘビを見たことなんて一度もなかったし、
そもそも、こんなふうにフツーにヘビが生息しているなんて、思いもよりませんでした。

こんなヤツが巣の近くに現れたとなっては
そりゃスズメも警戒して鳴き騒ぐのも当たり前。


ワタシとしては、コイツに恨みはないけれど、
とにかく、自分の真下15㎝という距離感に生のヘビがいる、という事実に耐えられず、
速やかにヘビに別の場所へ移動していただこうと思って、
まあ、足音立ててベランダを歩き回った、歩き回った。

スズメたちの鳴き声も異様だったけど、
あの時、ベランダを歩き回るワタシの姿を見てる人がいたなら、
結構それも異様な光景に写ったことでしょう。


その甲斐あって(?)、しばらくしたら、ヘビは
隣の部屋のベランダ下に移動したので、心底ホッとしました。(← ひどい。だが本音だ)
 

侵入者の横顔。
なんていう種類かは知りません。

まあ、ワタシも、突然現れたヘビに驚きながらも
取りあえず写真に収めようと、カメラを取りに行く余裕は一応あったわけですね。

スズメとヘビの膠着状態はしばらく続き、
ワタシも、隣の部屋のところにヘビが移動したことで
そっから先は他人事のように見ていたんですが(← ひどい。だが、これも本音だ)
ちょっと目を離したスキに、ヘビの姿はなくなっていました。
スズメたちはまだ騒いでいたから、近くにはいたんでしょうけれど。


それにしても今まで一度も見かけたことないヘビが
何故いきなり、こんなに思いっきり姿を見せたのか、それはナゾです。
スズメに追い立てられてきたんでしょうか。
だとしたら、少しかわいそうですが。
思いがけず人前に出てきて、一番パニクっているのは、案外このヘビなのかもしれません。
 

急な侵入者に、ちょっとたまげてみた、とある日のそんな出来事でした。




----------------------------------------

PR

この前の日曜日、能登空港で
automobile meeting 2012 というイベントがあり、
ちょっと見に行ってしまいました。

つい先日、仕事で能登方面に行った時、空港にポスターが貼ってあって、
それを見て、ぜひ行きたい、と思っていましたので。
 

能登空港の駐車場が会場になっていて、
そこにスーパーカーや古い国産車、いわゆる名車と呼ばれる車が
ずらりと並んでいます。
結構たくさんの人が見に来ていて、盛況でした。
 

さて、車ですが、ホントに勢ぞろいです、勢ぞろい。
 

ポルシェに、


アルファロメオ、




サーブ、




ランボルギーニなどなど、
もうもうカッコよすぎる! という車がずらりと並んでいます。

なんて、美しい!
そして、なんてお素敵な!


ワタシの大好きな



シボレーカマロもあった!
 

ちなみに、ワタシは特に車が好きとかいうわけではないし、
いい車や高い車に乗りたい、という思いもないんですが、
ただ、カッコいい車を見るのは大好きです。
造形というか、フォルムというか、そういうものが好きなだけなので、
本当の車愛好者の人から見ると、ちょっと邪道なファンかもしれませんけど。

だから、どちらかというと、もっと古いクラシカルな車が好きなんですが、
それでも、ここに並んでいたカッコいい車たちの流れるようなラインには
ちょっとゾクゾクします。

でも、普段は「こういう車が欲しいな」とか思っているわけじゃないのに、
こうやって並んでいるのを見ると、つい乗ってみたくなりますね。

今回集まったこれらの車は、すべて現役の車で
ちゃんとオーナーさんがいます。
本当に車が好きで、大事に大事に乗っているんだろうなあ、という印象が
ひしひしと伝わってきました。
 

今回イベントを見に来た人たちも、恐らくほとんどがかなりの車愛好者。
いかにも
「俺たちは走り続けてきたぜ、今も走っているぜ、
走り出したら止まらないんだぜ」と看板を背負っているような(← 勝手な妄想)
皮ジャン、GジャンにGパン、ツナギといういでたちの
リアル・ワイルドなオジサマたちも多く、
(いや、もちろん、フツーのカッコの人たちもたくさんいましたけど)
そういう人たちが、車の周りで
「おー、これこれ!」 と嬉しそうに車談義をしている様子は
なんか見ているだけで、こちらも楽しかったです。

どの車にも、カメラ小僧やカメラおじさんたちが、
ケータイやらカメラやらでパシャパシャやってました。


で、今回、イベントのメイン展示の一つが、これ。

チャージマツダ767B。

これまで、こんなに至近距離でレース車を見たことはなかったけど、
か、かっこいい……。

最高速度の記録は368km/h。
そんなにも速いスピードで走る車の中から見える世界って、どんなものなのか、
想像もつきません。

今回、この767Bのエンジン始動展示もありました。
レース中に走る車の音を遠くで聞いたことはあったけど、
こんな近くだと、どのように聞こえるのか。
と、ワクワクしながら待ってると。

一言、ものすごい爆音。

耳をつんざく、という表現がよく本の中で出てくるけど、
なるほど、まさにこういうことかい、というような音でした。
鼓膜にズン!と突き刺さるような感じ、というか。
音が、空気の振動ではなくて、物理的なチカラで耳の中に入ってくるというか。
これが、レース車か。すごい。
新鮮な感動でした。


さて、他にもいろいろな車があって、

小振りでかわいいキャロルに、
 

ロータス7。これもカッコ良かったー。
(すいません、カッコいい、カッコいいとばかり言ってますが、
ハッキリ言って、ワタクシ、ミーハーですから)


バーキン7。
これは実物を見たのは初めてなので、ちょっとコーフン。
 

それから、

デロリアン。
ガルウィングのドアが、文字通り翼を広げているように見えます。
そういえば、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に出てきた車も
確かデロリアンだったな。




ミゼットもありました。
そういえば、以前は町中で結構ミゼットを見かけたもんですが
最近はあまりないなあ。さびしいことです。


他にも素敵な車がたくさんあったんですが、
ワタシのカメラの根性なしバッテリーが尽きてしまったので
撮れずに終わってしまいました。


お腹いっぱいになるほど車を見た後ではありますが、
なんだか久しぶりに小松の自動車博物館へ行ってみたくなりました。
あそこも車だらけで、めっちゃ楽しい場所です。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

富山市にある環水公園に行ってきました。

正式には、富岩運河環水公園。
海まで続く5.1㎞の運河を中心に、
両サイドには散策路と緑地が広がる公園ゾーンになってます。

何年か前にできた新しい公園だとは聞いていたけど、
一度も行ったことがなかったので
ちょっと富山市に出たついでに寄ってみました。



第一印象は、とにかく広い。水も陸も。
何しろ、ホームページ情報によると面積は 9.7haだそうです。
……と言われても、ワタシはピンときませんでしたが。
ヘクタールから平方kmへの換算がイマイチ苦手なので。
それにしても、こんなに広大な敷地の施設がいつのまにかできちゃってて、
(いや、ワタシが知らなかっただけですが)
この広さがインパクトありすぎて、
公園ができる前はどんなだったのか、思い出すこともできません。


写真ではあまり人が写っていないけど、
実はそこかしこに家族連れやら友達連れやらがいて、
天気も良かったし、休日ということもあるんだろうけど、
とにかくたくさんの人がいました。


敷地中にはスタバがあって、店内がいっぱいで座れない時は
横の芝生に座って食べたり飲んだりすることも。
というか、むしろそういう人たちの方が多かったかも。
その方がこの広大すぎる自然を存分に体感できるからでしょうか。

スタバのほかに、敷地内には
鉄人・坂井シェフプロデュースのレストランもあるらしいです。
(ホームページを見たらそう書いてあった)

 

まるで露天温泉のような風情だが、温泉ではない。
もちろん、お湯ではなく、これは泉と滝の広場。

この上から、20分ごとに水が流れ落ちてきて滝になります。

と、見ているうちに、
 

滝の時間エルカム。
ちょっと分かりにくいか?

も少し正面に回ると、
 

こんな感じ。
さっきの温泉っぽい水面に(温泉言うな)
上から水が落ちてるのが分かります。
 


広場に至るゆるやかな階段は、カーブがきれい。
落ち着いた石畳のトーンに、
なんか、ヨーロッパ的な雰囲気も感じてみたり。



野外劇場もありました。
人が集まって、何かやってました。リハーサルかな?
 


はい、お約束のカモです。
水のあるところには、大抵いる奴ら。


水もきれいだけど、
 



花もきれい。
青空に映える映える。


確かに、散歩、散策にはぴったりの場所です。
何というか、俗世間を忘れてのんびりできるというか。
ピクニックなんかもいいかもしんない。
シート広げてお弁当食べてる家族連れも、ちらほら。

人も多かったけど、ペットを連れて散歩してる人も大勢いました。
こんなに広いんだから、ドッグランとか作ればよかったのに。


水と緑に囲まれた、富山でのひとときでした。






―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

そういえば、先週能登方面に出張に行った時、何枚か写真を撮ったので、
せっかくだから載せてみたりする。



運転中の車から。
天気も良くて、海の状態もすごく穏やかな日でした。
しかし、見事に水しかない。当たり前だけど。

仕事中なので、能登のあれこれを取る暇はなかったけど、
かろうじて、



見附島を撮影。
たまたま、この島の前にあるお店で取材したので。

久しぶりに見る見附島は、やっぱり堂々としてました。
能登らしい写真はこんだけー。


何件かいろいろなところを回ったんですが、
そのうちの一つが能登空港。

能登空港に来たのも久しぶりです。

取材まで時間があったので、
近くの展望台まで行って時間つぶし。




分かりにくいけど、山際のところ (画像縮小したので、ちょっとジャミってますが)に、
ずっと滑走路が伸びてます。2kmぐらいあるそうな。
高校生の時のワタシの通学路と同じ距離だなー、とか思いつつ。


周囲を見ると、



森やんけ、と言いたくなるような、木々の群れ。
周り中がこんなんなってる中に空港の建物があるのも、なんか不思議な光景です。
海もあり、山もある。それが能登なり。


展望台の周辺には、季節がら、



綿毛になったタンポポだらけ。
よくよく見ると、辺りに飛びまくり。
止めておいた車の中にまで、侵入してました。

もう春は終わりかのう。




アップで見ると、火花のような、カメラのフラッシュのような、
線香花火のようでもある。
触ってみると、ほわほわ。良い感触。


さて、空港ですが。

建物の中で、さらに時間をつぶしていると、




飛行機、到着シター。




方向を変えて、




停止。

飛行機だけを見ると、ちょっと距離があるから大きさがあまり分からないけど、
車があったり、人がいたりすると、さすがにデカッと思います。
ジャンボほどではないけど、わりと小ぶりなこのサイズ、コンパクトでいいかも。

こうやって、飛行機の背中を見下ろすことってあまりないから、
なんか新鮮な光景でした。


でも、こんな緑いっぱいのロケーションから飛び立つのって、
飛行機の窓から見たら、相当いい眺めなんでしょうね。
ワタシはこの空港から飛行機に乗ったことがないので、わかりませんが。


とりあえず、そんな能登の旅でした、ということで。






――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
昨日、出張で大阪まで日帰りで行ってきました。
めっさ疲れた……。

仕事での気疲れもあるけど、
とにかく都会の仕事マンは、よく歩く。

地元では車で移動することがほとんどなので、
都会人が電車と歩きを繰り返して目的地へ行く、その体力には参ります。
まあ、1時間にバスが1本、とかいうイナカと違って、
適度な場所に電車やら地下鉄やらの駅があるから
車がなくても移動には困らないんだろうけど。

逆に、ちょっとそこまで買い物に行くだけでも車に乗ってしまう今の生活に、やや反省。
前にいた会社も、完全に歩いて行ける距離なのに、メンドーだから車通勤してたしなー。
つくづくエコ社会に優しくない生活をしているワタシです。

それはともかく、
今回の出張では、仕事以外にもう一つ目的がありまして。

それは、
『りくろーおじさん』の焼きたてチーズケーキを買うこと。

以前旅行に行ったとき、
乗り継ぎの新大阪駅でたまたま買ったチーズケーキがやたらウマかったので、
久しぶりの大阪行きとなった今回、
たとえ仕事は不首尾に終わろうとも (← ひでえ。ウソですよ)
このチーズケーキだけは何としても買って帰ろう、と誓って出向いたワケで。

念願かなって、帰りの新幹線を待つ間に、チーズケーキ GET です。




さっそく家に帰ってから、開けてみた。
りくろーおじさんの焼き印が微笑んでます。
やあ、久し振り。

夜10:00を過ぎていたので、今から食べるとカラダ的によろしくないのは分かっていたけど、




このユーワクには勝てない。
せめて一切れ、いただきます。

…………。
…………。
…………。

ああ、やっぱウマー。

なんでしょう、この感触。
ふんわりしてるのに、しっとりもしてる。
蒸し焼きにしてるのかな。このスフレ感がたまりません。

家でチーズケーキを作っても、こんな感じには絶対にならない。
ふんわりさせようとすれば、同時になんかパサついたりするし、
逆にしっとりだとミョーに重たい感じになるし。

ここが料亭なら、海原雄山なみのゴーマンさで
「うむ、見事。おい、りくろーおじさんを呼べ」 と言いたくなるような気持ちです。

まあ、人それぞれの好みもあると思いますが、
ワタシの中では、ザ・ベスト・オブ・チーズケーキといえば、
今のところは、このりくろーおじさんのケーキなのですね。

でも、さすがに、
疲れてネムネムな状態だったので、
1切れ以上は進まず、残りは明日のお楽しみ、ということで。

とりあえず、大阪行きの目的は達成したので、よし。



いや、目的は 『仕事』 だが。



--------------------------------------
最近、なんだか忙しい。

これは、ワタシ的にはちょっと珍しい。
いや、かなり珍しい。

ライター的なことをやっているとはいえ、
そうそう頻繁に仕事がある、という業種でもないので
残念なことに基本ヒマなのだけれど、
仕事がいくつか重なると、ヒマだとも言っていられないわけで、
ちょうど今がそんな状態。

先週末と今週明けには能登方面に出張、
今週末も大阪に行かなきゃいけないし、
その間にも納期がある物件がちらほら。

どうしたことだ、世の中よ。
仕事がない時は全然ないクセに
いざ発生すると、どうして同時期に集中するんだ。

春か?
春だからか?

……と玉ねぎが芽吹いた時にも書いたけど、
こういう春の感じ方は、あまり嬉しくない。
仕事があるのはありがたいけど、
集中して動きづらくなると、1人でやってる身としては、少し大変。

というわけで今日も、外は天気がいいのに、
ひたすら部屋の中で PC に向かって、
文字を打つべし打つべし打つべし、という心境で1日を過ごしたわけでございます。


ここしばらく慌ただしさに紛れていたけど、
気が付けば、いつもの隣んちの軒先では
いつのまにかお馴染みのスズメが巣をつくり、
いつのまにか卵を産み、
いつのまにか卵がかえり、
ただ今、子育て真っ最中でございます。




親スズメがせっせとエサを運んでいる光景を、毎日のように見かけます。

この姿を見て、いつも心に浮かぶのは
「ムシって、うまいのか?」 という疑問なんですが。
そこはあまり深く考えたくない。
まあ、スズメにとっては、ウマイんだろうさ。




やっぱり、ストーキングしているワタシの姿がきになるようで
なかなか巣に入ろうとしません。

ワタシを見かけても、以前のようにヂーヂー騒ぐことはなくなったけど、
カメラを構えている時は、別。
もう、大騒ぎ。

ワタシは怖くなくても、カメラは怖いようです。

なんだろう、レンズの部分が怖いんでしょうか。
田舎の田んぼで、目玉のような風船が、鳥よけに幾つも吊るされてるのを見たことがありますが、
それと同じで、丸くて光るものがキライなのか?


まあ、せっせと子育てしている親スズメの気分を荒立てるのも本意ではないので、
騒がれたら大人しく引っ込んでいますが。





と言いつつ、こんなアクロバティックなポーズをとったりするので、
なかなか撮影はやめられない。
ゴメンね。


この巣の主である親子以外にも、
近くに別のスズメの巣があったようで、
今日はその親とヒナが、エサを食べに近くにやってきました。

ヒナの方は、まさしく今年生まれて、ようやく巣から出たばかり、という感じで、
地面の上を動き回ってはいるけれど、自分でエサをついばむ方法が分からないらしく、
親がくわえてきたエサを口移しでもらってました。

エサをもらう時に、ヒナが羽をパタパタと羽ばたかせるんですが、
その仕草が 「早くちょーだい、ちょーだい」 と言ってるようで、なんともラブリー。




親がちょっと離れたスキに撮った、ヒナの写真です。

ソフトフォーカスっぽい写りになってますが、
別にそういうレンズフィルターを使ったわけではなく、
単に、網戸ごしに撮ったから、こうなっただけー。
だって、結構近くにいるから、網戸を開けたら絶対逃げてくだろうし、ここは仕方なく。

ヒナの胸には、アダルトスズメにあるような黒い模様がまだなくて、
巣から出たことがないからでしょうか、汚れもなく、真っ白のほわほわ状態。
カラダも親より一回りくらい小さくて、めっさカワイイです。

この子もいずれ、親スズメのように根性入った姿になるのだと思うと、
ひじょーに惜しい。

とはいえ、
スズメのヒナが無事に成長する確率は少ない、と聞いたことがありますが、
せめて、この子や
今、巣の中でピーピー鳴いてる子は、
ちゃんと大きくなってほしいかな、と思います。




子育て、がんばれー。




---------------------------------------
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]