忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [186]  [173]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔法使いは、風の中で誰かが自分の名を呼ぶのをかすかに聞いたような気がした。
ふと顔を上げて気配を探るように辺りにゆっくりと目をやる。
竪琴を止めると同時に再び強く吹き出した風の音が、魔法使いの気を散らす。

「……」

もう一度、呼び声がした。
それは前よりもはっきりと聞こえたので、声の届いた方向を探すのにそう時間はかからなかった。

向こうに見える森の中から、白とも銀ともつかない不思議な小さな光が
少しずつ自分の方へ向かってくるのを目にして、魔法使いは面に笑みを浮べた。
光は次第に大きくなり、やがてその光の中に小さな人影が見えてきた。

魔法使いは答えるように、右手を高く上げた。
光る人影はその手を目指して真っ直ぐに飛んできた。

「ここまで来るには、大層な長旅だったろうな、アリファヴィアン」

魔法使いは晴れやかに笑いながら光を迎えた。

アリファヴィアンと呼ばれた小さな人影は、息を切らして魔法使いの手につかまった。
透明がかった銀色の羽が今にも風に突き破られそうなほどに揺れていた。

「そんなに笑うもんじゃないぞ、アミ」

サラサラと落ちていく砂のような声が光の人影から漏れる。

「お前みたいにでかい図体の奴には分からない苦しみだ。ああ、また笑う。笑うなと言うのに」

「白妖精のお前でも、風の精にはかなわぬか?」

「ふん、風の精ほど気まぐれな奴はいない。心地よい風を吹かせるかと思うと、次の瞬間にはすぐこれだ。荒々しく吹きつけて、我等を惑わせる。全く腹が立つったら」

忌々しそうに言って、アリファヴィアンは軽く羽を揺すった。
魔法使いアミ・シルヴムはまた声をあげて笑った。
よく通る風のような声は聞く者の心を和らげる。

白妖精のアリファヴィアンは、アミが現れる以前から谷に住んでいて、アミが現れてからはいつもこの魔法使いの側にいた。アミが 『黒の魔法使い』 と呼ばれ始めた頃には、既にこの二人(あるいは一人と一匹)は印象的な対をなしていた。
ハリトゥサの木の黒い枝で、アミに竪琴をしつらえてやったのはこの白妖精だった。
そのお返しにアミはアリファヴィアンに詩を贈った。
以来、この二人は共に時間を過ごすことが多くなった。

「それで、この風の中をそんなに急いで、一体何の用が?」

「ああ、そうだ。風と一緒に伝言も頭の中から飛ばしてしまうところだった」

「伝言?」

「そう。じいさんの」

「老シヴィか」

「当たり」

「『じいさん』 は止めろ、と言っただろう。口の悪い白妖精だ」

「ふん」

「伝言と言ったな」

「そう。じいさんはもう谷を出た。いつも急なことだ」

「まあ、あの方の突然の流離は今に始まったことではないからな」

「それで、お前への別れの挨拶代わりに、この白妖精様が伝言を承った、というわけだ」

「で、何と?」

「よく分からんが……『時、ついに満てり』 と。どういう意味だか」

白妖精の言葉を聞いて、にわかにアミの面から穏やかさが消え、厳しい表情が浮かび上がる。
アリファヴィアンはアミの気配を敏感に感じ取り、黙って魔法使いの横顔を見つめた。
夢見るような横顔。遠い記憶を尋ねて、何かを見出そうとしているような。

アミは今、あの 『古の詩』 を思っているに違いない。
白妖精は、黒の魔法使いの心の内を思った。
古の、今はもう朽ちかけた紙片でしか見ることのできない、遠い昔の英雄たちの詩。
精霊の血を引いた騎士たちの、人間たちにはもう忘れられた彼等の戦いを、
そして彼等の、とりわけ一人の魔法使いと一人の女騎士の真摯な約束事にも似た切ない思いを。

女騎士。
『白の貴人』。

アリファヴィアンは、今アミの心に浮かんでいるに違いない名前を、心の中でつぶやいた。


          → 序章・谷 3 へ

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]