忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

数刻後、王の間には主だった重臣達が集められ、何事かと怪訝な面持ちで王の言葉を待っていた。そして王の口から事の真相を聞かされてからは、落ち着きのないざわめきが場を支配し、呆れてため息をつく者、したり顔で頷く者、婚礼の準備が無駄になろうとしていることを嘆く者、さまざまな感情が乱れ飛ぶことになった。
老いたる侍従の長は、一時は気が動転したものの、すぐに己を取り戻し、いつもの堅苦しい表情で手近の者達を呼び集め、何やら指示を出していた。

「よいか、この事はいずれ王ご自身のお言葉で城下へ沙汰されるゆえ、今のところは決して外に漏らしてはならぬぞ」

もちろん、婚礼が翌日行われることはすでに周知であり、それが今になって花嫁が失踪したのだから、いつまでも隠しておいて良い話ではないことはクェイド自身も承知していたが、事実を民に告げるにしても方便が必要である。取りあえずは、もっともらしい理由を早急に作り上げなくては、発表どころではない。

しかし、クェイドの意図とは裏腹に、たまたま城に出入りしている街の商人が事を漏れ聞いたことにより、王女の家出ならぬ城出という不名誉な事実は、面白いくらいあっという間に城下に広まった。
噂を聞いた大概の者は驚いたが、実のところ心の中では、やっぱりな……という思いを抱く者も決して少なくはなかった。

「大体だな」 訳知り顔でこのように話す者達もいた。
「あのサフィラ様が大人しく夫を迎えて、城の中でじっとお過ごしなさるかね? 有り得ないだろう」

「まったくだ。王様もお后様も聡明な御方なのに、サフィラ様のご気性を考えれば、いずれこんな結果になるだろうと何故お思いにならなかったのかね」

「サフィラ様もお気の毒に。よっぽどご結婚が嫌だったんだろうなあ」

王女の身でありながら毎日のように城下に親しんでいたサフィラの性分を、ヴェサニールの民であれば知らぬ者はいなかった。数日前から酒場の片隅では、不謹慎な者達の間で『サフィラが何かを仕出かすかどうか』、賭け事の対象になっていた程である。

「ま、花嫁が姿をくらました以上、明日の式も当然中止だな」

「そりゃそうだろう。それにしても、久し振りの祝い事で思う存分騒げると思っていたが、こうなるとそれどころじゃないな」

大半の者達はヴェサニール人の気質をそのまま表わすような緩々とした会話に興じていたが、中には心中穏やかならぬ者達もいた。そういう者達は大概、婚礼のために駆り出された商人達で、式がなくなる分には構わないが、そうなったら仕立てた衣装代や何十人分ものために掻き集めた食材の料金がちゃんと支払われるのかどうかについてのみ、関心があったのだ。

当然、城の中でも婚礼中止によってもたらされた慌しさが城下の街以上に渦巻いていた。
招待した近隣の客人達への手紙を携えた早馬が城を出て、幾方向へと立ち去っていく。手紙には、ヴェサニール国王女の急病による式の延期についてしたためられている。クェイド苦肉の策である。

式は城の敷地内にある聖堂で行われる予定だったが、当日のために美々しく飾り付けられた聖堂は、その目的を果たす前にすべての装飾が取り払われ、普段どおりの礼拝の場へと姿を戻した。
新たに夫婦となる二人が読み上げる筈だった宣誓書は、巻かれたまま解かれることなく城の小部屋に片付けられ、花嫁が支度をするために用意されていた部屋には、まだ一度も袖を通されたことがないドレスが寂しく佇んでいた。

これらすべてを取り仕切ったのは、もちろん侍従長のクェイドであったが、実際に忙しなく動くことになったのはクェイドの部下であるタリスという男であった。

タリスは、すべてが無駄になったことに対しては、さほど不満を覚えていなかった。タリス自身も心の内にどこか確信めいたものをずっと抱いていたのである。
サフィラ王女が結婚するなど、有り得ないことだと。
最初から無駄になると分かっていながら準備していたような気すらしてくる。
今頃、王はみずからの娘が仕出かしたことに対して、どのような考えを抱いていることか。
もっとも、一介の使用人に過ぎないタリスにとっては、それはどうでもいいことだった。
ただ、王女がいつも見せてくれた元気な姿を当分は見られなくなることだけが、ほんの少しだけタリスの寂しさを誘うのだった。



          → 終章・旅の始まり 4 へ

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]