忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[506]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「確かに、夫人と渡邊は同時期にカレッジに在籍していました。
深い親交があったのも事実です。
しかし、言っておきますが、そのような希薄な縁故だけで
渡邊が現在のポジションに迎え入れられたわけではありません。
もちろん、夫人の推挙はありましたが、
渡邊自身、求められるに足る明晰な頭脳と柔軟な発想を持っていた。
何しろ、カレッジ時代から専門分野の研究者達に注目されていたほどですからね。
多くの名だたる研究機関から卒業後の進路について引き合いがあったと聞いています」
 
「それは凄い」
 
「まあ、優秀な人材というのは、どこでも喉から手が出るほど欲しがるものです。
最終的にハコムラが渡邊を得ることができたのは、私としても非常に喜ばしい限りです」
 
『喜ばしい』 という言葉の意図は、どこにあるのだろう。
言葉通り、純粋にハコムラという企業にとって渡邊が有用な人間であるという意味なのか、
あるいは、『極秘研究』 を進める上で渡邊の頭脳が役に立つ、という本音か。
まあ、今の段階ではどちらでもいいことだが。
諛左は言葉を続けた。
 
「しかし、優秀な人材というなら、笥村夫人もその称号に値するのではありませんか?
何しろ、17歳で天下のセントラル・カレッジに入学された程の方ですから」
 
 
セントラル・カレッジ、通称 『CC』 は、特殊なシステムを持った国の教育機関である。
『カレッジ(大学)』 という肩書きが付いてはいるが、一般的な 『大学』 としての機能はなく、
どちらかといえば、実態は 『大学院』 に近い。
在学者の多くは、一度他の大学を卒業した者達であり、
さらなる学術の研鑽・探求の場を求めた彼らが門を叩く最終学府、
それがセントラル・カレッジであった。
入学資格を与えられるのは、原則として大学卒業者に焦点を当てた22歳以上の若者であるが、
同等の知識・技術レベルに達する者であれば、
年齢条件を満たさない早熟な才能に対しても、
いわゆる 『スキップ』 が認められ、門戸が広く開かれている。
もっとも、入学審査の難度を考慮すれば、その広さは 『狭さ』 と同義語なのだが。 
 
その難関を見事にクリアしたのが、
17歳にしてカレッジ生の仲間入りを果たした笥村麻与香というわけである。
 
ついでに言うなら、
諛左の上司である J も同様の経歴を持つ 『優秀な人材』 の一員である……筈なのだが、
どうやらこちらの方は、自らの 『優秀さ』 と、それを維持するための 『努力』 と 『忍耐』 を
人生のどこかの時点で置き忘れて(あるいは、捨て去って)しまったらしい。
現在の本人を見る限りでは、CC の栄光とは無縁の生き方に至極満足しているようである。
 
それに反して、笥村麻与香は、
誰にも真似できない方法で、CC を飛び立った。
つまり、ハコムラ・コンツェルン総帥・笥村聖との結婚である。
2人が電撃入籍した件は、当時ニホンから遠く離れた地にいた諛左の耳にも、
ワールド・ワイドなニュースの一つとして伝わってきた程だった。
もっとも、諛左にとっては何の興味も持てない話題ではあったが。
 
 
十代で CC への入学を認められた程の頭脳の持ち主・笥村麻与香に関して、
しかし狭間のコメントは、やはりどこか滑らかさを欠いている。
 
「まあ、仰るとおり……そうですね、あの方も優秀と呼ぶに相応しい、とは思います。
当時の年齢を考慮すれば、むしろ渡邊よりも才能豊かであった……と言えるでしょうな」
 
また、『あの方』 呼ばわりである。
どうも笥村麻与香の話題になると、
狭間の心の中で何らかのスイッチが無意識のうちに ON・OFF の切り替えを行ってしまうようだ。
 
「カレッジ在籍中にあの方が書いた論文を幾つか読む機会がありましたが、
どれも仮説段階ではあったものの、理論的には破綻のない素晴らしい内容のものばかりでした。
もっとも、あまりに斬新すぎて、頭の固い教授連中の受けは良くなかったようですがね」
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]