忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ところでさ」

J は諛左をちらりと見て尋ねた。

「こんなヤマ、どっから引っ張ってきたの」

「ん?」

何のことだ、と言いたげな諛左の瞳が J を見返した。

「とぼけるんじゃないよ、諛左。
ウチみたいな事務所に、天下のハコムラから話が舞い込むこと自体がおかしい。
お前……またミョーなところから仕入れてきたんじゃないだろうね」

「それは企業秘密だ」

ふざけんな。
雇い主が知らない企業秘密なんてあるか。
J は思ったが、口には出さない。

『まともな雇用主がいる、まともな企業なら、ないだろうな』

冷たい口調でそんな台詞が返ってくるに違いないからだ。

それにしても、笥村麻与香とは。
J は腕組みをして天井を仰いだ。
灰色にくすんだ打ちっぱなしのコンクリートに、ところどころ変色したシミが見える。
いつもは気にならないが、今日の J にはそのシミが何故か疎ましく感じられた。

「 J 」

見るからに気が乗らない表情を浮かべる J に、諛左が声をかける。

「網にかかれば何でも魚、だぞ」

「……」

要するに、仕事の選り好みをするな、と言いたいのだろう。古い諺だ。

だが、かかった魚が毒々しい色の鱗と棘のある背びれを持っていたら?
食べれば病院行きになること間違いない毒魚だったら?
漁師だってきっと躊躇するに違いない。

それ以前に、選り好みをさせてもらえない立場の J にとっては、意味のない喩えである。

『ハコムラ』 という名前が問題なのではない。
『笥村麻与香』 が問題なのだ。
少なくとも、J 個人にとっては。

J はため息を一つついてカップを手にとると、残っていたコーヒーを一気に流し込んだ。
気のせいか、胃の辺りが重い。

カップを干すか干さないかの内に、再び千代子が現れた。

「笥村様がお見えになりました」

あくまで事務的な口調が、緑青色の目の光を伴って J の返答を待っている。

J はすぐには返事をせずに、傍らの諛左へと視線を泳がせた。
予測していたかのように諛左がそっぽを向く。

J は壁にかかっている時計に目をやった。
10時半をもう少しで回ろうとしている。

「予定より30分前か。昔は時間にルーズな女だったのに」

「懐かしいオトモダチに早く会いたいんだろう」

「うるさい」

軽く諛左を睨むと、J はため息を一つついて千代子に答えた。

「……通して」

「承知しました」

J は覚悟を決めた。

 

- ACT 1 -  END


   → ACT 2-1 へ

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]