忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、我が母校の大学の合格発表だったらしく、ニュースでその光景を流してました。
もう、そんな時期なんですねー。
懐かしいなあ。懐かしすぎます。

私は一度「サクラチル」を味わっているので
実際に喜ぶことができたのは二回目のとき。
といっても、かなり前の話ですが。

でも、合格発表のときに自分の番号がなかった……という
あのショックは今でも忘れられません。
何しろ、自分の番号の前後は連番でずっと発表のボードに載ってるのに
自分の番号だけがポッカリと……ない。
あの気持ち。例えようもないですね。ホント。

一緒に見にきていた友だちとの間にも、ビミョーな空気が流れて……。
友だちは合格してましたから、お互い何と言っていいか分からず。
「残念だったね……」「良かったね……」の台詞も、妙に空々しく響いたことを覚えています。

まあ、人生初の挫折ってやつ?
一浪、二浪なんてザラかもしれませんが、当時はホントにショックでした。

でも、いま思い返してみると浪人時代も得がたい経験だったなあ、と。
あの一年間は、ホントに奇妙で不思議な時間でした。
だって、一年という長い時間が
全部まるまる大学受験のためだけに存在するんですから。
高校時代とは、明らかに空気が違います。

いや、だからって
その時間を全部ベンキョーしてたか、というと、決してそうではないですけど。
それなりに楽しいこともあったし、遊んだし。
タバコを吸う週間もしっかり予備校で根付いたし。

あの時は一年の遠回りが結構シンドかったですが
今となっては、カンケーないですね。
むしろ、ストレートで合格していたら絶対に経験できなかった世界を
垣間見ることができた、という点では○かもしれません。
それに、挫折したことで見えてくるものも、確かにあると思います。

だって、結果として
こんなに立派な私になりましたもの。

無職ですが……。

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]