忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[470]  [469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さっき、元・会社の後輩からメールがあり、
同期だった T くんのお父さんが亡くなった、とのことでした。
まだ69歳だったとか。

T くんはワタシと同年代。
よく考えれば、同じ年頃の友人たちの中で、
すでに親がいない……というのも、決して少なくない。
この前会った大学時代の友人も、母親を亡くした、と言っていた。
私自身も数年前に父が他界している。

こういう話になると、友人同士で、
「もう、そういうトシになったんだねえ……」 と、つい言ってしまう。
いつまでも若くないし、
いつまでも親がいるわけでもない。
自分が年をとるだけ、当然、親も年をとる。

どこかで別れが来ることは、頭の中ではずっと判っていて、
実際にそれが起こる時期、というのが、
ちょうど今のワタシ達の年代ぐらいなんでしょうか。


さっきも言ったように、ウチはもう父親がおらず、母親だけ。
当の母親は今も元気に、趣味に、旅行に、充実した毎日を送っています。

母とその同級生は今も仲がよくて
定期的に集まって温泉に行ったり、観光旅行に行ったりしていますが
会うたびにメンバーが減る、と笑い話にしています。
メンバー同士でも、「今度は誰がいなくなるのかね?」 と冗談で言い合ったりしているとか。

母の信条は、
「先が長くないのは、もう判っているから、動けるうちに楽しむだけ」。
悟っている、というか、覚悟している、というか。
だからこそ、そんな不謹慎で自虐的な冗談も、笑って言えるんだろうなあ。

ワタシ自身は、とてもとても、まだそんな心境にはなれません。
そんなトシでもないし。
でも、自分も、自分以外の人も、いつかは終わるのは確実だから、
せめてそれまでは、母のように 「動けるうちは楽しもう」 という気持ちで
後悔だけはしないように生きたいもの。


……てなことを考えて、しみじみしていたら
1時間ほど後に、またメール。

今度は、元・同僚の K さんが、今日めでたくパパになった、とのこと。

うーん、
去る命があれば、生まれる命もあり。
同じ1日の中で、そんな2つのメールを受け取った今日という日。

こんな日も、あるのね。


ご冥福をお祈りします。
そして、お誕生おめでとうございます。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]