忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [457]  [456]  [455]  [454
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日から本ばかり読んでいます。
最新本ではなく、古い本ばかりですが。

昔は欲しい本を見つけたら、即買いしていたワタシですが、
ここ1、2年、めったに本を買わなくなり、本屋さんにも行かなくなりました。
なので、今はどんな本が出ているのか、誰の作品が売れてるのか、なんて
まったくのウラシマ状態。
いや、さすがに東野圭吾ぐらいは知ってますけど (あまり好きではありませんが……)。

で、書店にいく代わりに図書館へいくことが多くなりました。

図書館はイイ。
なんたって、タダ。
読み終わったら返せばいいんだから、本棚もイラナイ。
しかも、いろいろなジャンルがあり、あまり興味がない分野のコーナーでも、
フラフラ歩いているだけでオモシロそうな本を見つけることがあります。

今、7冊ほど借りていますが、ほとんどが英米作家の小説。
ヘミングウェイやら。
ジョイスやら。
スタインベックやら。

なぜ、今、決して新しいとはいえないこの人たちの作品を読もうと思ったのか。
それについては理由があり。


この前、大学時代の友人と会った、という話は数日前にブログにも書きましたが、
そのときに、当時の授業の話などでかなり盛り上がりました。

「あの先生の授業はオモシロかったな」

「え、どんな授業だっけ?」

「ほら、アメリカ人の教授で、ムダに明るくて賑やかなヤツ」

「あー、あれか。覚えてる覚えてる」

みたいな話が続きまして。
そのうち話題は、当時読まされたアメリカやらイギリスやらの作家のことになったんですが。

「ところで、あの時授業で読んだ小説って、どんな内容だったっけ?」

「えーっと、あれは確か……元・兵士の男が」

「……それ、違う話じゃない?」

「そうだっけ? あ、じゃあ、あれだ。漁師がいて……」

「……それも違うような……」

「……」

「……」

「忘れたね」

「忘れたな」


……年をとる、というのは悲しいものです。
あの頃、山のように本を読んだはずなのに、
今では、それがどんな内容だったか、どんな登場人物がいたのか、
2人ともほとんど覚えてない、という……。
なんか、ムナシイぞ。

そんなことがあり、懐かしさも手伝って
この際、新しい作品を読むよりも、当時読んでいた本を改めて読み返してみようか、と
思い立ったわけです。

でも、心のどっかでは
「古い小説なんて、マジメで難しくて読みにくくてツマンナイんじゃないの?」 と
正直思っていた部分はあるんです。
(そんなこと言ったら、「指輪物語」 だって、「ナルニア国」 だって
ワタシが生まれる前に書かれた作品なんですけどね)

が、トンデモナイ。
確かに学生の頃は、
「読め」 と言われてイヤイヤ読んでいた (だから覚えていないのかもしれない……) 作品ですが
「読んでみよう」 と思って読むと、これがなかなかオモシロい。

特にお勧めはヘミングウェイ。
シンプルな文章であまり装飾せずに淡々と書かれていて、
(ハードボイルドと言われる文体ですが) 決して難解ではないと思います。

書評は苦手なので、ここでは差し控えますが、
まだ読んだことのない方は、一度目を通してみてはいかがでしょうか。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
読書三昧 
 ヘミングウェイはいいですねー。『老人と海』はまぁお約束ですが。

 なんだったかなー。
 奥さんが赤ちゃんが生まれそうで、待ってるダンナがカフェに行ってひたすら食いまくる、ってシーンが印象深かったです。「不安だ」とか「心配だ」と書かず、キャラクタの行動をひたすらこれでもかと描写し続けるヘミングウェイってすげー作家だなー、と思いました。
 ……って僕もタイトルが出てきません(笑)。
 これから読み返してみようと思います。
ろぷ URL 2009/01/28(Wed)16:26:01 EDIT
Re:読書三昧
ろぷさん。いつもありがとうございます。

> ……って僕もタイトルが出てきません(笑)。

たぶん、「武器よさらば」ではないか、と。
ちょうど昨日読み終わったので、まだ記憶が鮮明です(笑)。
そのカフェのシーンの後で、奥さんが危険な状態になったとき、ダンナが
「死なせないでください。神さま、どうか死なせないでください。」と
懇願するシーンがあるんですが、
「死なせないでください」というフレーズを何度も何度も、
それこそ10回ほど繰り返していて、
切羽詰ったダンナの心情が痛いくらいで、
こちらの心臓も痛くなるほどでした。
描写はシンプルなのに、すごく伝わります。
ホントにヘミングウェイって、すごいですよね。
J. MOON 2009/01/28 (Wed)22:08
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]