忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440]  [439]  [438
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



オリオン座です。
あいかわらず、この三ツ星野郎を撮ってます。

ちょいと雲がジャマしてますが。

ついでに、月も。



ジゴクの釜をあけたような雲の湧き具合が、なんとも。
月や星もいいけど、雲ってのも撮り飽きません。
たった数秒、目を放した隙に、どんどん形が変わってくところが、また。


それはともかく。

さて。

1月も5日、6日になってくると、
遅れて届く年賀状も少なくなりまして。

でも、こっちが年賀状を送ってない相手から、
この時期にハガキが届くと、ちょいと困る。

今から送っても、たぶん着くのは明日か、明後日。
その頃になるともう、「お正月おめでとさん」 とかゆってる場合でもなく。
年賀状もらってもなあ……的な空気が漂う時期でございます。

それもあるけど、
もともと出すつもりがなかった相手だから、お返しの年賀状は出さずにおくべきか。
それとも、遅く着くとしても、一応礼儀として、送っておくべきか。

それが、以前勤めていた会社の年長者だったりすると、さらにフクザツ。

年賀状を書いていて、いつも迷うのは、そのあたり。

1年間一度も会わなかった人や、メールのやりとり、電話もしなかった人に、
「旧年中はお世話になりました。」 と送るのも、なんか白々しい。
学生時代の友人や、会社時代に仲がよかった人ならともかく、
仕事以外のお付き合いはほとんどない人だと、なおさら出しにくい。
というか、あまり出す気になりません。

会社を辞めた年の年賀状は、
社長や、お得意先、外注さんなど、ご挨拶もかねて
これまでの人生の中で最高枚数の年賀状を書き送りましたが、
その翌年、つまり、今回の年賀状は、ホント悩んだ。

個人的には、年賀状を出す枚数を、できるだけ減らしたい、という思いがあり、
少しでも悩ましい人に対しては、思い切って出さない方向に決めたんですが、
そういう人達が、また、律儀に送ってきはるんで
結局、返事も含めて通常通りの枚数になってしまいました。

そんなに悩むんだったら、年賀状なんか出さなきゃいいのに、という友人もいますが
そこまで思い切ることもできません。
やっぱり、仲のいい人たちには、送りたいし。
これもまた、コミュニケーションの一つ。

そういえば、何年か前、
旧年中にヒマがなくて、新年に入ってから年賀状を作り、
送ってくれた人にだけ、こちらも出す、という方法をとりましたが、
その翌年は、見事に枚数が激減しました。

こちらが出さなければ、出してこない人も、当然いる、というわけで。
会社だけの付き合いなら、尚更のこと。
仕事上の人間関係なんて、そんなものね。

来年から、またその手でいこうかな……。

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]