忍者ブログ
蝶になった夢を見るのは私か それとも 蝶の夢の中にいるのが私なのか 夢はうつつ うつつは夢


[622]  [621]  [620]  [619]  [618]  [617]  [616]  [615]  [614]  [613]  [612
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北陸の冬がやってきました。
夕べからカミナリが鳴り、なかなか大粒の雨がバラバラと降っています。

ブリの漁期に鳴るので 「ブリ起こし」 とも言われている今の時期のカミナリ。
これは北陸の冬の風物詩。
ワタシたちは、このカミナリを聞くと 「ああ、また冬がやってくるなー」 とウンザリするくらいですが、
他の地域から来た人は、冬に鳴るカミナリというものにちょっと驚くみたいですね。
カミナリは夏のもの、というイメージがあるようです。
確かに、重々しい鉛色の冬空にカミナリが響く図、というのは、
それだけで、なんだかとっても不穏なイメージ。

ほんの数ヶ月前には 「暑い暑い」 と言っていたのがウソのような今の寒さです。
日本の四季は、めまぐるしく変わっていきます。
このカミナリを従えた雨が、やがて雪に変わり、そうなると冬到来です。


夏が暑かった年の冬は、雪が少ない……なんて説がありますが
それで言うと、今年は少ないということになるのかな。
だったらウレシイんですが。
何しろ、雪が降り積もれば、もれなく雪かき作業がついてくる、
そんな北陸ですから、冬が近付いてくると、やっぱり気が滅入ります。
特に、車を持っている身としては、タイヤも替えなきゃいけないし、
車のフロントガラスが凍ってた時のために、いつもお湯を用意しておかないといけないし、
何よりも、雪かきの重労働からくる筋肉痛を思うと……ああ、メンドー。

そういえば、雪に覆われて見えなくなった下水路に落ちて、骨折したこともあったなあ。
わりとイイ大人になってからのハナシですが。お恥ずかしい。
同じパターンで、車も脱輪したことがあるし、
雪にはあまりいい思い出がありません。

会社にいた頃は、たくさん雪が降った翌日は
社員総出で駐車場の除雪をやったりしていましたが
あれも、あるイミ、北陸企業の冬の風物詩、というところでしょうか。

子どもの頃は、雪が積もると無邪気に雪だるまとか作ったり、ミニスキーで遊んだり、
(ミニスキー……と言っても、今はそんなモノないのか?
昔、けっこう流行した40cmぐらいのプラ製の子ども用スキー板です)
とにかく、雪の苦労なんかこれっぽっちも気にせず冬を楽しんでいたものですが、
今はウンザリするばかり。

まあでも、雪一面の銀世界は、なかなか美しいですけどね。

でも、北陸は冬がタイヘン、といっても、
北海道や東北なんかは、きっともっとすごいんだろうなあ。
それを思えば、まだマシなのかもしれません。


ああ、早く春が来ないかなあ……。(気が早すぎ)
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
J. MOON
性別:
女性
自己紹介:
本を読んだり、文を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、音楽を聴いたり…。いろいろなことをやってみたい今日この頃。
最新コメント
承認制なので表示されるまでちょっと時間がかかります。(スパムコメント防止のため)
[02/07 名無権兵衛]
[06/20 ななしのごんべ]
[05/14 ヒロ]
[04/19 ヒロ]
[11/06 ヒロ]
いろいろ
ブログパーツやらいろいろ。
※PC環境によっては、うまく表示されない場合があります。


●名言とか





●ブクログ





●大きく育てよ、MY TREE。



●忍者ツール



ランキング参加中
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月毎の記事はこちら
ブログ内検索
携帯版バーコード
RSS
Copyright © 日々是想日 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]